青森市観光案内所BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 八戸へ行ってきました!

<<   作成日時 : 2017/07/12 10:55   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは
新青森駅のあおもり観光情報センターです

先日、八戸へ研修へ行ってきました
その様子をレポートしたいと思います
行き先はずっと行きたかった「種差海岸」です
この日は天候にも恵まれ研修日和でした(暑かったですが

八戸駅よりJR八戸線に乗り、種差海岸駅に到着です

駅より徒歩約5〜7分。絶景が待っています。
種差天然芝生地
画像

家族連れで賑わっていました
種差海岸では、朝ヨガが5/27〜9/30まで毎週土曜日にあるそうです
ここでヨガしたら気持ちいいだろうなぁ
うみねこがカメラ目線で「いい気分よ」と言っているような
画像

◆種差朝ヨガ
https://hachinohe-kanko.com/experience/yoga


種差海岸遊覧バス「ワンコインバス・うみねこ号」で移動します。
1回の乗車に付き100円です
画像

◆種差海岸遊覧バス「ワンコインバス・うみねこ号」
https://hachinohe-kanko.com/tanesashi-yuran-bus


葦毛崎展望台では太平洋を一望できます!
画像


画像


鮫角灯台へ
うみねこ号で八戸シーガルビューホテルで下車し、歩いて約5分
4/22〜10/29の土・日・祝日は一般開放されています
日本の灯台50選に選ばれています
画像


高さは23m。79段の階段を上ります
画像

天気が良い日には下北や八甲田山も見ることが出来るそうです

◆鮫角灯台一般開放
https://hachinohe-kanko.com/kanko_data/samekado-todai

お次は、蕪島へ行ってみました。
蕪島と言えば、2015年火事で社殿が全焼してしまい、現在は蕪島海浜公園入口付近に臨時の社務所が置かれています。
画像


蕪島には、沢山のうみねこがいます。現在は8月の旅立ちに向けて雛鳥が飛ぶ練習の最中です。
隣に海水浴場があり、沢山の海水浴客が楽しそうにしているのですが、うみねこの鳴き声の方が賑やか

さて、突然ですが問題です
「うみねこの重さはどのくらい?」
画像

答えは蕪島休憩所で!
うみねこについて詳しく、楽しく知ることができますよ
画像


八戸市で種差海岸の他に気になっていた場所にも寄ってみました
八戸市の中心街にある八戸市が運営する書店「八戸ブックセンター」
専門書を取り扱っていて、テーマごとに配置されています。
館内で購入した飲み物を飲みながら閲覧もできます
館内には八戸市出身の作家三浦哲郎さんの文机のレプリカやハンモック、半個室のような席も!
画像

時間が無くあまり見ることが出来ませんでしたが、是非ゆっくり行ってみたい場所でした。

◆八戸ブックセンター
https://8book.jp/

今回の研修で使用した、お得なチケット
八戸えんじょいカード
https://www.city.hachinohe.aomori.jp/enjoy/
八戸市内のJRとバス(市営バス・南部バス)が1日乗り放題のフリーパスです!
1日700円で乗り放題です今回フル活用しました

みなさんも「えんじょいカード」を利用して楽しく八戸市を観光してみませんか?





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
八戸へ行ってきました! 青森市観光案内所BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる