青森市観光案内所BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 「あおもりバル街 VOL.10」レポート

<<   作成日時 : 2017/09/13 11:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

9月9日にめでたく10回目を迎えた、あおもりバル街に行って参りました

「あおもりバル街」は、青森市中心部の参加飲食店の中から、最大5軒を選んで、飲み・食べ歩きが出来る人気イベント。
チケット(前売券3,500円、当日券4,000円)を購入し、チケットと一緒に渡される参加店紹介マップを見ながら、お店を周ります。


ここからは、私が食べ歩いたお店をご紹介します
1軒目はRestaurant Tera
シャモロック手羽先と無農薬野菜の玄米雑炊です。
開店前から並んで待っていたのですが、入口までいい香りが漂ってきていました
画像

シャモロックの旨みがたっぷり溶け出した、滋味深いスープ。
ついつい、おかわりしたくなってしまう美味しさでした
ちなみに、中泊町で作られているこの玄米は、全国農業コンクールでグランプリ、農林水産祭で天皇杯を受賞しているのだそうですすごいですね


2軒目はF's table。10分ほど並んで入店しました。
メニューは、トリュフ入りマッシュポテト&赤ワインを使った煮込みハンバーグ。上にかかっているのは、22ヶ月熟成されたミモレットチーズです。
画像

奥深い味わいで、ハンバーグもお酒もどんどん進みました
「もったいな〜い」と言いながら、あっという間に完食(笑)。


3軒目は麺匠 とうぎょう。
開店時間の18時を目指して行ったのですが、すでに列ができていました
画像

お店に入れるか少し心配でしたが、すぐに席につくことができて一安心
メニューは、エビのビスクつけ麺、チャーシューにぎりめしのドリアからどちらか一品を選びます。
私は、友達と一つずつ頼んでシェアすることに。
少し待って、出てきた料理を見てびっくり
画像

画像

なんと、お酒が付かない代わりにしっかり一人前サイズだったのですどちらも美味しかった上に、ボリューム満点で大満足でした〜


4軒目は旬菜 タパス。パサージュ広場にあるお店です。
店内はほぼ満席でした
画像

メニューは塩鴨たたき。
画像

ほどよい塩気のしっとりとした鴨肉が、スパークリングワインによく合いました


5軒目は、本町まで移動してレストランevieへ。
こちらは、19:30までは鮑入りシーフードカレー、19:30以降はトリュフ入りモンブランと、時間帯によって食べられるメニューが違いました
私は19:30に行ったので、モンブランを頂きました
画像

バル街のメニューに、こんなに贅沢にトリュフが使われているなんて驚きです
香り高く、大人なお味のモンブランでした。

気になるお店を開拓したり、バル街でしか提供されない限定メニューを食べたり、様々な楽しみ方ができるバル街。次回の開催が楽しみですね


あおもりバル街事業実行委員会
■青森市橋本2丁目2-17(青森商工会議所内)
■п@017-734-1311
■ホームページ https://ja-jp.facebook.com/aomoribargai/

本日のブログは青森駅前の青森市観光交流情報センターよりお届けしました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「あおもりバル街 VOL.10」レポート 青森市観光案内所BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる