アクセスカウンタ

<<  2017年11月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


「しめ縄+Xmas リース体験」のお知らせ/Xマスデコレーション☆

2017/11/30 15:27

明日から12月になりますが、A-FACTORYでは12月9日にこんな季節にピッタリな「しめ縄+Xmas リース体験」を開催します

誰もが生活の中で身につけていた藁工芸。
千年以上続いた文化が最近ではなくなりつつあります。
「藁」文化を人から人へ直接伝承するイベントでもあります

最近ではお正月にしめ縄を飾らないご家庭も多いですが、しめ飾りは、日本の伝統的な縁起物の飾りです。
この機会に手作りのしめ縄を飾りませんか?

画像



しめ縄+Xmas リース体験

●開催日時
12月9日
13:30〜15:30

●場所
A-FACTORY 2F ラウンジスペース

●参加料
おひとりさま 1,000円
定員 20名さま

●持ち物
汚れても良い服装でおこしください。

●講師
稲垣藁の会

●ご予約・お問合せ
A-FACTORY
пF017-752-1890


街はクリスマス一色ですが、青森駅前の青森市観光交流情報センターも、クリスマスムードたっぷりになっています

画像
街てくスタッフ、キムチさんとHanaさんの手作りです。
ケーキは紙で作ったものですよ〜


画像


画像
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい






画像




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


クリスマスツリー飾りつけしました!

2017/11/29 15:55
こんにちは。

新青森駅あおもり観光情報センターです
数日前に積もった雪も落ち着き、寒かったり、暖かかったりと
寒暖の差が激しく、体調も崩しがちですね
そんな天気が続いていますが、
朝晩道路は凍りやすくなりますので、お車の運転には
十分お気を付けくださいませ

案内所では早速クリスマスツリーの飾りつけをして皆様のお越しを
お待ちしております
画像

画像

お近くにいらした際には、ぜひお立ち寄りくださいね〜
画像


*12月3日(日)〜
  新幹線改札口前にも大きなツリーが飾られる予定です
  こちらもお楽しみに





お知らせ
新青森駅待合室内に「両国部屋」として両国駅のパンフレットや
ポスターを展示中です。
画像

パンフレット等は3種類ですが情報満載です
画像

新青森駅ご利用の際はこちらも覗いてみてくださいね
ではまた








記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「あおもり灯りと紙のページェント」のお知らせ

2017/11/27 16:56

画像
寒い日が続いていますが、青森ならではの冬を楽しめる「あおもり 冬のワンダーランド♪(旧「こころ、あったか。あおもり冬感動プロジェクト」)」が、いよいよはじまりますよ〜

画像
まずは第1弾、12月1日から「あおもり灯りと紙のページェント」が開催されます
ねぶた技法による市民創作の和紙オブジェ「雪だるま〜る」750個が青森ベイエリアをあたたかい光で照らします。

画像
ねぶた師が作った大型オブジェも展示され、それはそれは幻想的な雰囲気を醸し出しだすイベントです。
インスタ映え間違いなしですので、ぜひSNSにアップして下さいね

12月1日は、17時30分からワ・ラッセ西の広場で開会式が開催され、「あおもり灯りと紙のページェント」の点灯式やアトラクション(自衛隊第9師団吹奏楽演奏他)、来場者へのお菓子プレゼントやふるまい鍋(先着100名)でオープニングを盛り上げます。

新企画として「ワ・ラッセイルミネーション」も12月1日から3月4日(16:00〜21:00)までお楽しみいただけます
「ねぶたの家ワ・ラッセ」の外観をLED電球約25,000個で装飾し、ベイエリアを彩ってくれるのです。
どんなイルミネーションになるのでしょうか

画像

画像


あおもり灯りと紙のページェント

●日時
2017年12月1日〜2018年3月4日
16:00〜21:00
※12/1は点灯式後

●会場
青森ベイエリア・JR青森駅前・アスパム・柳町通り・JR新青森駅新幹線コンコース内

●お問合せ先
青森観光コンベンション協会
пF017-723-7211
(月〜金 8:30〜17:15 ※土日祝休)

本日のブログは青森駅前の青森市観光交流情報センターよりお届けしました

画像




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


雪化粧をした桜並木

2017/11/25 17:44

今朝の青森も雪で真っ白でした
12時現在で積雪量が18cm…。

画像
桜並木で有名な桜川通り。

画像
今朝は、風がなかったので雪の花が咲いたようにキレイでした

画像
ちなみに、こちらは春の桜川通りです



画像
青森駅近くのベイエリアに設置された雪だるま〜る。
雪の中で、12月1日からはじまる「あおもり灯りと紙のページェント」の出番待ちです。
市民の皆さんが手作りした「雪だるま〜る」、出勤前にほっこりさせて頂きました


「あおもり灯りと紙のページェント」のお知らせは後日お届けしますので、どうぞお楽しみに


画像








記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


青森県観光案内所スタッフ現地研修会レポートA

2017/11/24 11:18

青森県観光案内所スタッフ現地研修会後編(前編はこちらから)です。
後編は青森駅前の青森市観光交流情報センターよりお届けします

板柳町から貸切バスで津軽中里駅に向かいました

画像
金木駅に行ったことはありますが、津軽中里駅は初めてでした。

画像
津軽中里駅の「駅ナカにぎわい空間」。
旬の野菜や魚介類、加工品など物産販売のほか駅なかミュージアム、中泊町無形民俗文化財「金多豆蔵人形芝居」の劇場やミニシアターもあり、賑やかでした

津軽中里駅から津軽鉄道で津軽五所川原駅に向かいます

画像
残念ながらストーブ列車は12月からなので、この日は通常車両に乗車。
ランチは楽しみにしていた「津軽鉄道・いなほ弁当」を車中で頂きました

画像
”津軽のおいしいお米とたくさん召し上がっていただきたくおにぎりと季節の炊き込みご飯にしました”と包装紙に書かれた「いなほ弁当」。

画像
高鳴る胸を押さえつつ包装をとくと…さば、秋茄子のピリ辛ひき肉ほか秋らしいおかずがズラリ。
本物の稲の穂が彩りを添えています。
もちろんあっという間に完食

津軽鉄道のお弁当はご利用3日前までの注文が必要で、最低2個からの予約販売となります。
12月からはストーブ列車の運行となり、お弁当も「ストーブ弁当」になりますよ〜
詳しくはこちらをご覧ください。

津軽鉄道観光アテンダント・小枝美知子さんによる流暢な津軽弁での観光案内をBGMに約30分で津軽五所川原駅に到着。

画像
津軽鉄道観光アテンダントのみっちょん(小枝美知子さん)。
20年前に元SMAPの香取慎吾さんが地元の小学生たちと一緒に絵を描いたキハ2208の腐食が進み、また塗り直して欲しいと香取さんに根気強くお手紙を出し続けてくれた、あのみっちょんです
嘉瀬駅の「キャンバス列車」について書いたブログはこちらから。

みっちょんは、すらっとした津軽美人さんでしたよ〜

画像
五所川原を出発し、再び貸切バスで弘前公園へ。
弘前公園ではスマートグラスを体験しました。
スタートは藤田記念庭園。
装着の仕方を教わり、いざ弘前公園へ出発

画像
南内門の前でスマートグラスを装着し、桜舞う景色と燃えるような紅葉、雪景色を360度パノラマ映像で堪能

画像
スマートグラスを装着すると、こんな感じです。
メガネの上からも装着可能ですよ〜。
モデルは青森市観光交流情報センタースタッフ。

スマートグラスとは、メガネをかける要領で頭部に装着して使用する身に着けて持ち運べるコンピューターのことです
ポケット等に入れて移動します。

画像
アテンダントは弘前城の歴史紹介もしてくれますよ〜
門に装飾されている乳釘やハート形をした金具には、恥ずかしながら初めて気付きました。

画像
下乗橋を渡ります。
石垣工事のため、移転した弘前城が遠く(右奥)に見え、石垣は工事の真っ最中。

画像
弘前城天守の中に入ります。

画像
場内では展示のほかに、こんな衣装を着て記念撮影が可能です

画像
天守から望む岩木山(この日はあいにくのお天気で、うっすしか見えませんが…)。
落葉した枝垂れ桜の木から季節を感じさせられます
弘前城は、東北では唯一の現存の天守。
400年前の武士も、同じ景色を眺めていたのだなぁと、しみじみ思ったのでした。

長野の松本城には負けますが、急こう配の階段は運動不足の身にはこたえました
フラットな靴をお勧めします
※弘前城天守閣(弘前城史料館)は11月24日から翌年3月31日まで閉館しますので、ご注意ください。

このあと武徳殿で解散となりました。


画像


今回のスマートグラスガイドツアーは時間の関係上、ショートコースになりましたが、通常は所要時間が約70分


弘前公園スマートグラスガイドツアー

●コース
藤田記念庭園⇒追手門⇒南内門⇒下乗橋⇒弘前城天守⇒本丸展望所⇒武徳殿
※アテンダント同行

●推行時間
@10:30〜
A14:00〜
所要時間約70分

●体験料
おひとりさま 1,000円(中学生以上)
※小学生以下は保護者の同意があれば体験可

●対応言語
日本語、英語、仏語、中国語(北京語)、韓国語、タイ語

●連絡先
弘前市みどりの協会 藤田記念庭園事務所
пF0172-37-5525

詳細はこちらをご覧ください。


今回の研修は、知恵熱が出そうなくらい勉強になりました。
得た情報をスタッフで共有し、観光案内をしていきたいと思います


画像








記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


青森県観光案内所スタッフ現地研修会レポート@

2017/11/23 09:10
こんにちは 新青森駅2階のあおもり観光情報センターです

先日、第1回青森県観光案内所スタッフ現地研修会が行われました
青森駅前にある青森市観光交流情報センターと
新青森駅のあおもり観光情報センターからもスタッフが参加しました

その様子をレポートいたします

出発は、青森市内から貸し切りバスで移動です

画像


自己紹介もかねて、他の観光施設の貴重なお話を聞くことができました


まず初めに到着したのは
板柳町『ふるさとセンター』

画像


こちらで、りんごのことを学びます

食べると甘酸っぱくておいしいりんご

でもりんごは、食べておいしいだけではなく
様々な方法で加工されていることがわかりました

りんごの葉を煮出して染物もできます
葉によって煮出した液の色が違うとのこと

画像


画像


りんごの木の皮を利用して民芸品も

画像



りんごの木から黒炭も作ることが出来るんです

画像




施設内の資料館で歴史も学び…

画像


りんごジュースを作った後の
りんごの繊維で使ったクッキーも絶品です

画像


こちらではクッキー作りの体験もできます

もちろん施設内の直売所「とれたて市」では
りんごを買うこともできますよ

画像


品種は「ふじ」の他、「ぐんま名月」や「シナノスイート」など種類も豊富

さらにびっくりしたのは加工用りんごの貯蔵庫

画像


りんご箱がたくさん積み重なっております

貯蔵庫の扉を開けると
なんとも甘いりんごの香りがしました

画像



りんごの可能性に驚きっぱなしの見学でした
りんごってすごい

さらに、りんごのことをたくさん学べる『ふるさとセンター』では
今年初のイルミネーションイベントが行われます

初日は点灯式も予定されています
約36,500球のイルミネーションが冬の夜空を彩りますので
是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

画像



【りんごの里イルミネーション2017】
・点灯期間 平成29年11月24日(金)〜平成30年1月10日(水)
        21:00まで点灯
・点灯場所 板柳町ふるさとセンター「モニュメント広場」周辺
・お問い合わせ 板柳町役場 企画財政課 ☎0172-73-2111 


【板柳町ふるさとセンター】
☎0172-72-1500
・アクセス 五能線板柳駅より徒歩約15分
       青森市内より車で約55分


一行は次の目的地の津軽中里駅へ向かいます

画像


研修は、まだまだ続きますが、後編は明日お届けしますので、どうぞお楽しみに
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


早くも雪景色

2017/11/21 13:14

寒い日が続いていますが、11時現在の青森市の積雪量は、なんと37cm
あたり一面銀世界で、まるで12月のようです。

今の時期に本格的な雪かきをするのは珍しく、市民も驚いています
ちなみに日平年値は3cm…。

画像
青森駅前も真っ白

画像
気温も低く、今日の最高気温予報もたったの2度。
今朝は、本格的な冬の服装で出勤しました

我が家はまだ庭の冬準備を終えていません
一度解けるといいのですが…。

青森にお越しの際は、暖かい服装でお越しくださいね


画像





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「あおもりの巡礼」のお知らせ

2017/11/18 15:42

11月16日に青森市で初雪を観測しました
平年と比べて10日ほど遅い初雪です。
また、昨日(11月17日)は初氷と初霜も観測。
初氷は平年より2週間ほど、初霜は18日ほど遅いようです。

現在平地の積雪はありませんが、今日の夜から雪が降り始め、明日(11月19日)は1日中雪マークで、最高気温は2度と冷え込みますのでご注意ください

さて、「あおもり北のまほろば歴史館」で11月15日から「あおもりの巡礼」を開催しています

平安時代末に畿内を中心につくられた西国三十三観音霊場めぐり(西国三十三ヶ所)や、弘法大師(空海)ゆかりの八十八ヶ所札所を巡拝する四国遍路など、巡礼は古くからさかんに行われてきました。

今回の展示は、津軽三十三観音霊場めぐりや、四国八十八ヶ所などを模して一か所の範囲に石仏を配置したミニチュアの霊場など、青森で行われてきた巡礼について、納経朱印や写真などで紹介します

津軽三十三観音霊場の本物の御朱印を現地以外で目にすることはなかなかありませんので、貴重な展示になっています。

また、四国の霊場八十八ヶ所札所を巡るのが有名ですが、その本尊を模した八十八ヶ所の石仏が、青森市油川地区の霊場にあるのをご存知でしょうか?
それは「青森四国八十八ヶ所霊場」で3時間〜4時間弱(約8キロ)で巡れるのです。
油川コミュニティ協議会で開催している「青森四国八十八ヶ所霊場」は大変人気があり、参加者が増えていますが、そちらの「お遍路」のミニチュア写真もご覧になれます。

今回は青森にいながら巡礼気分を味わって頂ける企画になっていますので、この機会にあおもり北のまほろば歴史館にお越しくださいませ。


※あおもり北のまほろば歴史館入館料が必要です。

本日のブログは青森駅前の青森市観光交流情報センターよりお届けしました

画像



「あおもりの巡礼」のお知らせ

●開催期間
2017年11月15日〜12月10日

●入場料
一般 300円、大学生・高校生150円。
※70歳以上と中学生以下は入館無料。

●会場
あおもり北のまほろば歴史館

●連絡先
あおもり北のまほろば歴史館
пF017-763-5519


画像





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「青森市産りんご大市&花と野菜の収穫祭 2017」のお知らせ

2017/11/16 08:38

国内生産量ナンバーワンのりんご「ふじ」の収穫もはじまっていますが、11月22日と23日に青森産業会館で青森市産「りんご大市」が開催されます。

画像


出店団体は、JA青森、なみおかアップルヒル、下石川りんご青年部、青森観光りんご園。
贈答用りんごの送料が大変おトクです。
なんと1ケース300円で全国発送(ひと家族3口限定)

花と収穫野菜の直売会やガラポン抽選会も同時開催。

今が旬のとりたてりんごをぜひお買い求めください

画像


青森市産りんご大市&花と野菜の収穫祭 2017

●開催日時
2017年11月22日〜11月23日
9:00〜16:00

●会場
青森産業会館

●連絡先
農林水産部あおもり産品支援課
пF017-26-6104




画像






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「蒼木うめ展」前売り券販売のお知らせ

2017/11/15 15:42

いよいよ明日は雪が降る予報が出ています
気温もぐっと下がりますので(最高気温6度予報)、暖かい服装でお出かけ下さいね。


画像

冬休みの計画を立てている方が多いと思いますが、12月16日から県立美術館で「蒼樹うめ展」が開催されます

私のようなおばさん、いえ「大人」世代には、あまり馴染みがないかもしれませんが、蒼樹うめさんは若い女の子を中心に大人気の漫画家で、漫画「ひだまりスケッチ」や、アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」のキャラクター原案で知られています
年末に帰省する私の家族も大ファンで、絶対に観に行くとはりきっていました。

今回の展示は、漫画家・イラストレーターとして幅広く活躍する蒼樹うめの漫画原稿やイラストだけでなく、初公開の設定資料やデザイン画、本展描き下ろしの作品などを一挙に展示し、彼女が生み出すキャラクター作りの秘密や作品の魅力を紹介する初めての個展になります

前売り券は9月23日からローソンチケット、チケットぴあ、セブンチケット、まるっとあおもり検索サイト「ポみっと!」等で販売されていて、特典がついている前売り券もありますよ〜
入場料は、特典付き前売り券の一般が2,100円、前売りが1,100円、当日が1,300円。

詳しくはこちらをご覧下さいね。
※特典付き前売り券と前売り券は、2017年9月23日〜12月15日販売。
※特典付き前売り券は数量限定販売ですのでお早めに

画像


蒼樹うめ展(青森展)

●開催日時
2017年12月16日〜2018年2月12日

●会場
青森県立美術館 企画展示室

●開館時間
9:30 〜 17:00
(最終入館16:30)

●休館日
2017年12月28日〜31日、2018年1月9日、1月22日

●連絡先
青森放送(平日9:30〜17:00)
пF017-743-1234

●公式ホームページ
http://www.umeten.jp/



画像







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「JRみずうみ号」運行ルート変更のお知らせ

2017/11/12 15:06
画像


今年も紅葉で賑わった十和田湖、奥入瀬渓流。
紅葉期間は、十和田湖行「みずうみ号」の青森駅バス停は連日長蛇の列でした。
青森駅前の青森市観光案内所も英語対応で忙しく、10月は1日の外国人来訪者が100人を超える日も数日ありました

さて、紅葉で賑わった十和田湖ですが…、明日(11月13日)より青森駅発JRバス「みずうみ号」は、酸ヶ湯止まりとなり、酸ヶ湯から十和田湖の区間は4月20日まで冬期運休となりますのでご注意ください。
※八戸〜奥入瀬・十和田湖間の「おいらせ号」も冬期運休。

11月13日から4月20日までの期間、青森駅から酸ヶ湯温泉までは1日3本の運行で、運行コースは、青森駅〜新青森駅(始発をのぞく)〜八甲田ロープウェー駅前〜城ヶ倉温泉〜酸ヶ湯温泉。
青森駅から酸ヶ湯温泉まで所要時間は約1時間40分です。

みなさま、ご注意ください

詳細はこちらをご覧ください。

お問合せ先は、JRバス東北叶ツ森支店017-723-1621。

From Nov.13, 2017 until Apr.20, 2018, JR Bus service is suspended in the section between Sukayu and Yasumiya.
JR Bus operates between Aomori Sta.(青森駅) and Sukayu Onsen(酸ヶ湯温泉)during this period.


Please see below for more information
http://www.jrbustohoku.co.jp/route/detail/?PID=9&RID=14&BID=396


画像








記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『弘前公園写真コンテスト』入賞作品展 出張ミニ写真展

2017/11/10 11:12
おはようございます

新青森駅2階、あおもり観光情報センターです。

本日は、新青森駅で開催中の
平成29年度 弘前城菊と紅葉まつり企画
『弘前公園写真コンテスト』入賞作品展 出張ミニ写真展のご案内です


画像


みどりの窓口前に展示中です。
画像


素敵な作品ばかり
是非、近くで実物をご覧になってください
画像


◆出張ミニ写真展(JR新青森駅)
期間:平成29年10月20日(金)〜11月12日(日)※予定
場所:新青森駅待合室
http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/index.html



さらに、この季節ならではの美味しい一品をご紹介します
青森といったらりんご

先日は、青森市観光交流情報センターより、
アスパム内「スイーツファクトリー パムパム」のアップルパイをご紹介しました
http://aomori-city-guide.at.webry.info/201711/article_6.html



本日は、新青森駅1階旬味館「Sweet Peach Cafeteria」の…
画像


画像


画像


季節限定の焼きりんご
生のりんごとは違う味わいです

画像


新青森駅へお越しの際には、
是非お立ち寄りくださいませ

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


紅葉舞う善知鳥神社

2017/11/09 09:12


画像
青森駅近くにある善知鳥神社。
昨日の朝、通勤前に境内を散策してみました


画像
枯葉舞う中、紅葉の絨毯を歩くと、繁華街にいることを忘れてしまうくらいの趣があります。

画像
まだ、少しだけ紅葉している木も残っています

画像
まだ七五三の受付をしていました

画像
赤や黄色の紅葉を楽しめますので、お気軽に散策してみてはいかがでしょうか?
青森駅から徒歩で約10分です。

御朱印ももらえますよ


善知鳥神社

青森県青森市安方2丁目7−18
пF017-722-4843




画像





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


青森県観光物産館「アスパム」

2017/11/08 09:12
こんにちは
青森駅前の観光案内所です

先日、青森駅から徒歩約10分の所にある
「アスパム」に視察研修へ行ってきました
画像


「アスパム」は、昭和61年4月24日に開館した青森県観光物産館の愛称で、
一般公募の1,307点から当時中学生の案が採用されました

青森県観光物産館を英単語に直訳した・・・
・青森県 Aomori
・観光   Sightseeing
・物産   Products
・館    Mansion
からそれぞれ頭文字をとった「ASPM」から「アスパム」となったそうです
画像

外観も三角形という、とても特徴的な建物で
「AOMORI」のを連想させる
青森県のシンボルとも言える観光施設です


館内の主な施設は、
1階がお土産店、
2階が青森県の観光を紹介しているフロア、
10階と14階が飲食店、
13階には展望台があります



今回は主に2階にある「市町村ホール」を見学してきました
画像


エスカレーターで上がると
あおもり観光マスコットキャラクター「いくべぇ」の
顔出しパネルがお出迎えしてくれました
画像


「市町村ホール」には
海を見ながら休憩できるスペースがあり、観光客だけではなく
市民にとっても癒しの場所となっています
画像


青森県の観光や
画像


工芸品を紹介しているコーナーもあり
画像


まるで県内を観光したかのような気分を味わえます
画像



県内のどこへ行けばいいか迷っている観光客の方にも
旅の参考になる各市町村のパンフレットが揃っています
画像




再び1階へ戻ると
入口近くで何だかいい匂いが…
画像


出たぁ〜青森といったらりんご
「スイーツファクトリー パムパム」では
その場で焼いたアップルパイを販売しています
画像




さらに、同じく1階のフロアにある「あおもり北彩館」で
見たことのないお土産を発見

「ホタテの妖精」
画像
青森の名産でもあるホタテの貝殻から誕生したそうです



アスパムの裏には市民のお散歩コースにもなっている「青い海公園」があり、
紅葉がまだ少しだけ楽しめました
画像


青森へお越しの際には
青森県の観光情報がたくさん揃っている
「アスパム」へぜひお立ち寄り下さい


青森県観光物産館 アスパム
http://www.aomori-kanko.or.jp/web/
〒030-0803
青森県青森市安方一丁目1番40号
TEL:017-735-5311
FAX:017-735-2067
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新スポット登場!

2017/11/07 10:32
こんにちは
新青森駅のあおもり観光情報センターです

新青森駅に期間限定ですが、
新しいスポットができました

1階旬味館を東口方向へ進み、左側奥に行くと…
画像

ピコ太郎
今年8月28日〜9月30日に開催された、
「かかしロード280」に登場した「ピコ太郎大型かかし」です
ねぶた師の北村蓮明さん一家が作成されました。

画像


画像

1枚記念撮影いかがですか?

◆ピコ太郎大型かかし◆ 
設置期間:平成29年10月26日〜平成30年4月30日(予定)まで
設置場所:新青森駅 北口
記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


「第8回津軽海峡交流圏大農林水産祭」のお知らせ

2017/11/06 14:23

お待たせいたしました
今週末(11/11〜12)青森産業会館にて、秋の恒例イベント「第8回 大農林水産祭」が開催されます。

当日はたくさんの入場者でにぎわう青森産業会館

画像
JAふるさと市、海の市、展示・PRコーナー、津軽海峡交流圏コーナー、お米フェスタ、NHK「ふるさとの食 にっぽんの食」、ご当地グルメ(飲食コーナー)、青森県産牛試食・販売コーナー、産直・土産市、森の恵み市などが、所狭しと産業会館の中に並びます。


画像
ステージプログラムもあり、中でもマグロ解体・即売会(両日11時スタート)は大変人気があるイベント

画像
思わず県産のお野菜や果物(特にりんご)等を手に持ちきれないほど買い込んでしまいますよ〜

また「あおもり秋の大収穫祭スタンプラリー」の対象イベント会場でもありますので、スタンプ押印を忘れないで下さいね


画像



第8回津軽海峡交流圏大農林水産祭

●開催日時
2017年11月11日〜12日
10:00 〜 16:00

●無料駐車場
200台

●連絡先
пF017-739-1811(青森県産業会館)



画像




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


弘前で紅葉さんぽ

2017/11/05 10:30
お天気に恵まれた3日、弘前へ紅葉狩りに出掛けて来ました

最初に向かったのは、藤田記念庭園。
藤田記念庭園は、弘前公園に隣接しています。弘前市出身の実業家・藤田謙一氏が大正8年に別邸を構える際、東京から庭師を招いて造らせた江戸風の庭園です。

紅葉が、ちょうど見頃を迎えていました
画像


画像


画像

どこを切り取っても絵になります

画像

樹齢約170年のシダレザクラの古木も、美しく色付いていました

画像

松の木を雪の重みから守る「雪吊り」も始まっていて、いよいよ冬が近づいてきた感じがします。

画像

今回は立ち寄りませんでしたが、庭園内の洋館にある「大正浪漫喫茶室」も人気です
美しいお庭を眺めながら、優雅なティータイムも良いですね

藤田記念庭園
●住所 青森県弘前市大字上白銀町8−1
●開園期間 通年 ※冬期間(11月24日〜翌年3月31日)は高台部のみ
●開園時間 9:00〜17:00
●休園日 なし
●入園料 大人 310円(高校生以上) 子供 100円(小・中学生)
●お問合せ 藤田記念庭園事務所  0172-37-5525



お次は弘前公園へ。
園内の弘前城植物園では、11月12日まで「弘前城 菊と紅葉まつり」が開催されています
画像


こちらは、菊で描かれた岩木山。
画像

色合いが可愛らしく、記念写真を撮影をする観光客が絶えませんでした
植物園を歩くと、次から次へと菊を使ったアートに出会います。
画像

菊舟は、遠目で見ると本物の人間が乗っているように見えるので、「あ、人形だ」と驚く声が、近くから何度か聞こえてきました。

画像

風神雷神図屏風に、鮮やかな菊が映えて素敵

画像

菊人形場面は、「卍の城物語」をテーマにねぷたと菊人形のコラボレーション。
それぞれ、どんな場面か説明がついているので、ストーリー仕立てで楽しめますよ

画像

イベントステージ近くにある菊の五重塔。とても華やかです
後方には、弘前市のマスコットキャラクター「たか丸くん」をモチーフにした作品も見えています。

弘前公園は、外濠は落葉が進んでいますが、園内は紅葉を楽しめるスポットがまだまだありましたよ
画像


画像


画像


画像


「今年、まだ紅葉を見ていないなぁ…」という方は、弘前へお出かけになってはいかがでしょうか
弘前城菊と紅葉まつりは、今週も様々なイベントがありますので、詳しくはこちらをご覧ください。

弘前城菊と紅葉まつり
●会期 2017年10月20日〜11月12日
●開催時間 9:00〜17:00
●会場 弘前公園内「弘前城植物園」
●入園料 大人 310円(高校生以上) 子供 100円(小・中学生)
●お問合せ 弘前市立観光館  0172-37-5501


弘前市観光案内所(弘前駅前)
0172-26-3600


本日のブログは、青森駅前の青森市観光交流情報センターからお届けしました
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


晩秋の奥入瀬渓流と十和田湖

2017/11/04 11:18

画像
昨日の文化の日は、素晴らしい秋晴れだったので、晩秋の奥入瀬 ・十和田湖方面へドライブに出掛けました

画像
蔦温泉を越えた蔦川遊歩道のあたりは、まだ紅葉が残っていて、とても雅な雰囲気を醸し出していました

画像

画像

画像
落葉したとはいえ、奥入瀬渓流は四季折々の美しさがあり、今の季節ならではの景色を眺めると心が洗われます。

画像
雲井の滝前は、バス待ちの乗客が列をなしていました

画像
銚子大滝付近は、大型観光バスがすれ違えなかったり、今の季節でも渋滞が起きていました。

銚子大滝の動画をご覧下さい。
水の音に癒されますよ〜

マイナスイオンをたくさん浴びてきました

画像
休屋(十和田湖)も、落葉が進み、ボード屋さんは冬支度をはじめていました。

画像
焼きたてのキリタンポをハフハフ食べながら乙女の像まで歩くのがおススメ

画像
先日積もった雪がこんもり残っている酸ヶ湯温泉。

八甲田は道路脇にも残雪があり、お天気が良い日も日が暮れると凍結の恐れがあるのでご注意くださいね





画像






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「夜の水族館 クリスマスナイト」のお知らせ

2017/11/01 15:54

11月に入りましたが、今日は暖かな青森市
早いもので、蔦(八甲田)の紅葉が終わり、奥入瀬も落葉がはじまっているよでうです

さて、浅虫水族館で大人気の「夜の水族館」ですが、11月は「クリスマスナイト」をテーマに開催します
照明を落としライトアップした館内は、一足早くクリスマスの雰囲気たっぷり
(※11月の毎週土曜日17:00〜19:00まで)


さらに「クリスマスナイト」限定のイベントもご用意してみなさまをお待ちしています

★まるでサンタのような「シロボシアカモエビ」をはじめ、クリスマスにちなんだ生き物たちをご覧になれるクリスマス水槽特別展示

★水族館内にたくさんのフォトスポットをご用意
生き物たちとおもしろくて可愛い写真を撮影しましょう。

★サンタクロースに「メリークリスマス!」と声をけければ、ちょっぴり早いクリスマスプレゼントをもらえますよ〜
サンタさんがどこにいるか館内を探して下さいね。


画像


夜の水族館 クリスマスナイト

●開催日
11月毎週土曜日
17:00〜19:00(最終入館18:30まで)

●場所
浅虫水族館

●連絡先
пF017-752-3377


画像





<font/>
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2017年11月のブログ記事  >> 

トップへ

青森市観光案内所BLOG 2017年11月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる