青森市観光案内所BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 水芭蕉と北限の椿

<<   作成日時 : 2018/04/19 16:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


ついに弘前で開花宣言が出されました
いよいよ桜の季節がやってきましたね。

春を告げる「水芭蕉」が青森市東部の原別にある原別稲荷神社の境内で見ごろを迎えています。
画像
水芭蕉の花言葉が「美しい思い出」「変わらぬ美しさ」
水芭蕉はサトイモ科。
白い部分は花びらではなく、緑の部分が花ですよ

画像
約4000株の水芭蕉が群生していて、可憐に咲き誇っています。

写真は4月17日に撮影したものです。

画像

同じ日に夏泊半島まで行き、椿山の椿も撮影してきました。

画像
ここの椿は大正11年にツバキ自生北限地帯として天然記念物に指定されています。

画像
椿山一帯には大小約1万数千本のヤブツバキが自生しているといわれ、満開を迎えるころはさぞかし見ごたえがあるかと思いますよ〜

平内町役場におたずねしたところ、このままの天候が続くとしたら、GWが見ごろだというお話でした。

画像
美しい海岸のそばで椿を鑑賞できるのもうれしいですね
お天気がいいと津軽半島もくっきりと見えます。

画像
また日当たりの良い場所でカタクリの花も咲いていました。

●夏泊半島の北限の椿、カタクリの花のお問い合わせ
平内町役場 水産商工観光課 
пF 017-755-2118  



画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
水芭蕉と北限の椿 青森市観光案内所BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる