アルヴァ・アアルト―もうひとつの自然


県立美術館では企画展「アルヴァ・アアルト―もうひとつの自然」を大好評開催中ですが、いよいよ6月23日で終了します。

遅まきながら一昨日、県立美術館にお邪魔しました。

画像
建築家アルヴァ・アアルト(1898-1976)はフィンランドを代表する建築家・デザイナーで、日本では約20年振りとなる大回顧展が青森県立美術館に巡回しているのです

画像
私邸から公共建築にいたるまで、自然の素材を生かしつつ、周囲の環境や建物の諸要素の間の有機的なつながりの感じられる建築をデザインしています。

画像
さらに、アームチェアやスツールなどの家具、サヴォイ・ベースに代表される有機的な形態をもつガラス器などのプロダクトデザインは、現在もなおフィンランドを代表するデザインとして親しまれています。

画像
アルテックの協力のもと、アアルトのデザインした家具等を体感・撮影できる特設コーナーを設置していて、これらの写真はその特設コーナーで撮影したものです。



コレクション展(常設展観覧料が別途必要です)も充実していて、「棟方志功のパッケージデザイン」や「ブナコ:光・音・形をデザインする」等、興味深い展示内容になっていますよ

この機会に、ぜひ青森県立美術館へお越しください



アルヴァ・アアルト―もうひとつの自然

●日時
2019年4月27日~ 6月23日
9:00—18:00(入館は17:30まで)
●会場
青森県立美術館 企画展示室
●観覧料
一般  1,500円/ 高大生 1,000円/ 小中学生無料
※心身に障がいのある方と付添者1名は無料
●連絡先
アルヴァ・アアルト―もうひとつの自然展実行委員会事務局(青森県立美術館内)
℡:017-783-3000
●ホームページ
http://www.aomori-museum.jp/ja/



本日のブログは青森駅前の青森市観光交流情報センターよりお届けしました」


画像











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント