青森市八甲田山雪中行軍遭難資料館に行ってきました。

こんにちは
新青森駅2階のあおもり観光情報センターです

冬、青森で思い出される事件といえば、雪中行軍遭難事件です
先日、青森市八甲田山雪中行軍遭難資料館へ行ってきました。
新青森駅からは直接バスで行くことができないので、青森駅からの出発です
研修1.jpg
入館すると、後藤伍長の像が出迎えてくれます。
研修2.jpg
ミニシアターで、雪中行軍遭難事件のあらましが約10分上映されます

雪中行軍遭難事件とは
明治35年、緊迫する日露関係を背景に「青森歩兵第五連隊」は雪中八戸平野に侵入した敵を想定し、青森から八甲田山(八甲田連邦)を越えて三本木へ進軍できるか否かの調査のため雪中行軍を計画した。計画では青森から田代までの一泊行軍とし、田代に達することができない場合を考慮し雪中露営の準備もされていた。しかし悪天候に阻まれ総勢210名の隊員のうち199名の犠牲者を出す惨劇となった。※青森市八甲田山雪中行軍遭難資料館パンフレットより引用

館内にはパネルが設置され、なぜこのような悲劇が起きたのか分かりやすく説明しています
研修5.jpg
研修3.jpg
研修4.jpg
雪に慣れていない隊員が多く、服装の不備、雪山には向いていないそり隊の遅れ、指揮系統の乱れなどが遭難の原因として考えられるそうです。

雪中行軍遭難事件に関する本や、映画「八甲田山」の脚本も閲覧できます
研修7.jpg


4月下旬~11月初めまではボランティアガイドの説明もあります。
お問い合わせ、お申し込みは下記まで
青森市八甲田山雪中行軍遭難資料館
☎ 017-728-7063  
http://www.moyahills.jp/koubataboen/index.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント