祝 ユネスコ世界文化遺産登録!!/ 猿賀公園の蓮の花

2021年7月27日、ユネスコ世界遺産委員会において、「北海道・北東北の縄文遺跡群」のユネスコ世界遺産登録が決定しました

北海道・北東北の縄文遺跡群は、1万年以上にわたり継続した採集・漁労・狩猟により定住した人々の生活と精神文化を伝える文化遺産で、北海道・青森県・岩手県、秋田県に所在する17の遺跡で構成されています。

このたび、青森市内で世界遺産に登録されたのは、「特別史跡 三内丸山遺跡」と「史跡 小牧野遺跡」です。

詳しくはこちらをご覧ください

DSC_2320.JPG写真は、青森市観光交流情報センター内の「北海道・北東北の縄文遺跡群」PRコーナー。
スタッフが制作、撮影したものです。





さて、青森県平川市にある猿賀公園の蓮の花が見頃を迎えています。
DSC00614.JPG
蓮の花は午後になるとしぼんでしまうので、今年は午前中に行ってきました

DSC00622.JPG蓮の花が猿賀公園の鏡ヶ池の一面を彩っていて、早起きした甲斐がありました

ここの蓮は和蓮の北限地と言われていいます。

DSC00602.JPG蓮の花と紅色が印象的な胸肩神社のある光景は絵になります。
胸と肩にご利益があるとのことです。

猿賀公園の蓮の花は、8月上旬まで「写真映りが良い」ようなので、ドライブがてらいかがでしょうか

DSC00647.JPG100匹以上の鯉があなたの悩み(鯉のエサ)を食べて、願いを叶えてくれると言われている「こいこい神社」の鯉たちは、相変わらず元気いっぱい。
エサは1個100円で自動販売機から購入できますよ
※エサの販売期間は4月~12月上旬まで。

また、猿賀神社では期間限定(7/20~9/10)の蓮の花御朱印をもらえます
※初穂料500円


●お問い合わせ先
平川市観光協会(猿賀公園内)
℡:0172-40-2231


猿賀公園へはJR弘前駅より弘南鉄道弘南線に乗車、津軽尾上駅下車、徒歩約15分
または青森駅から車で約1時間です。




本日のブログは青森駅前にある青森市観光交流情報センターよりお届けしました

bg_body.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント