アクセスカウンタ

<<  2017年7月のブログ記事 zoom RSS

トップへ


あおもりてぬぐいスタンプラリー開催中

2017/07/20 12:50
こんにちは
新青森駅のあおもり観光情報センターです

以前、青森駅観光案内所でもご紹介しました、
あおもりスタンプラリー
7/1〜9/30まで開催しております。
新青森駅案内所においてもてぬぐい配付中で
お客様に大変好評です

画像

青森市内のホテル、旅館等に宿泊された又は宿泊予定のお客様に
お1人様1枚、てぬぐいをプレゼントしています。
(宿泊が確認できるもの、旅行行程表・Web予約画面を
ご提示するだけでOK
画像


新青森駅のあおもり観光情報センターに設置しているスタンプはこれ
跳人(ハネト)です

*青森市内15箇所で15種類の押すことができます。

画像

ハネトはとってもかわいいのでたくさん
押していってくださいね〜
洗濯しても落ちにくい布用のインクを使っているので安心です
てぬぐいの引換は、9月30日(土)まで
ただし、繁忙期でもある「ねぶた期間(8/1〜8/7)」や
「お盆(8/11〜8/16)期間」を除きますのでご注意くださいね


画像

新青森駅も金魚ねぶたがたくさん飾られてにぎわってます
お祭りももうすぐですね。
たくさんの青森へのお越しお待ちしています





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2017大型ねぶた台上げ始まる!!

2017/07/18 17:58

画像

8月2日から青森ねぶた祭が始まりますが、ラッセランド(ねぶた小屋)では、ねぶたの台上げ作業が始まりました

台上げ作業とは、高さ約2mの台車に、何十人ものねぶた関係者が力を合わせて、ねぶたを上げる行程のことです。

画像


昨日(7月17日)、勤務前に立ち寄ったら、前日雨のために中止になったJRねぶた実行プロジェクトのねぶた台上げ作業の真っ最中でした。
ラッキー

画像


小屋からねぶたのパーツを運び、指示役からの「もっと海側に〜」などという声に従い、大型ねぶたを台車にあげます

画像

阿吽の呼吸がお見事


画像

おおーーーっ、迫力がある鬼の面

今年のJRねぶたは「剣(けん)の護法(ごほう)」というタイトルで、制作者は竹浪比呂央さん。


台上げの動画もご覧ください…短くてすみません

これからラッセランドでは、運行されるねぶたの台上げが26日まで行われます。
一般の方のご見学も可能ですよ。
連絡先は、ねぶたガイド本部пF017(775)3151。


本日のブログは青森駅前の青森市観光交流情報センターからお届けしました


画像









記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2017田舎館田んぼアート”ヤマタノオロチとスサノオノミコト”

2017/07/17 17:59


画像

田舎館の田んぼアートが見頃を迎えたということで、昨日雨の中、田んぼアート 第1会場行って参りました

画像



雨の日の田んぼアートはおススメです。
なぜなら待ち時間が少なくて済むからです
昨日も三連休中にもかかわらず、団体が入っていたのにもかかわらず、ナント待ち時間は0でありました

画像

今年の田んぼアート第1会場のテーマは日本神話「ヤマタノオロチ伝説」より「ヤマタノオロチとスサノオノミコト」で、スサノオノミコトがヤマタノオロチに立ち向かうクライマックスシーンを描いでいます

画像


ヤマタノオロチの細かい描写に感動を覚えました
田んぼだということを忘れてしまいます

画像


スサノオノミコトもカッコ良かったですよ〜。

4階展望台からはお天気が良ければ岩木山も眺望できますが、残念ながら昨日はうっすらと山裾のみ見えていました。


画像

画像


第1会場の外に設置された「「はらっぽ」で、田舎館ならではのお土産等を購入できます。
「いち姫」グッズも取り揃えていますよ〜


画像
4階展望デッキから望む6階天守閣。

田んぼアート大ヒット豊作中の田舎館へGO

2017田舎館村田んぼアート 第1会場


●日時
2017年6月5日〜2017年10月9日
※10月1日(日)は稲刈り体験ツアーのため休館

開館時間
・2017年6月5日〜7月14日
9:00〜17:00(最終入館16:30)

・2017年7月15日〜8月31日
8:30〜18:00(最終入館17:30)

・2017年9月1日〜10月9日
9:00〜17:00(最終入館16:30)

●場所
第1田んぼアート田舎館村展望台 (田舎館村役場)
詳細はこちらをご覧ください。

●料金
第1田んぼアート(田舎館村展望台)
4階展望デッキ 大人(中学生以上) 300円

6階天守閣 大人(中学生以上) 200円 
 
※4階展望デッキへの入館券は1階展望台入り口で、6階天守閣への入館券は4階で購入できますが、6階天守閣のみの観覧は不可。

●第1会場と第2会場を結ぶ無料シャトルワゴン「たさあべ号」
運行期間 6月17日〜10月9日

時刻表はこちらをご覧ください。

残念ながら第2会場は立ち寄れませんでしたが、第2会場のテーマは、「桃太郎」です。
ライブカメラでご覧ください。

●連絡先
田舎館村役場商工観光係
пF0172-58-2111(内線242、243)

●アクセスはこちらから

青森駅前の青森市観光交流情報センターよりお届けします。



画像










 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「あおもりマルシェ 2017」のお知らせ

2017/07/15 08:48

若手農家の産直市「あおもりマルシェ」が今年もわくわく広場(青森市スポーツ公園)で開催されます

2012年から開催している「あおもりマルシェ」の今年の開催予定は、7月16日、8月20日、9月17日〜18日、10月15日になっています。

画像


若手農家が頑張って育てた新鮮な野菜・果物、「あおもりマルシェ」限定フードメニュー、動物ふれあいコーナーなどなど、もっと青森が好きになるあおもりの盛り沢山な魅力と元気に出会えますよ〜

画像
※写真はイメージです。

生産者の顔が見えるので、安心してお買物ができます

タイムイベントもありますので、お楽しみに。

10:00〜 青森明の星短大チアリーディング部演舞
11:00〜 アオベジ野菜クイズ
12:00〜 大道芸人アットさんのパフォーマンスショー

画像




あおもりマルシェ 2017


●開催日時
7月16日
9:00〜14:00


●開催場所
わくわく広場(青森市スポーツ広場)

●お問合せ先
あおもりマルシェ実行委員会
пF017-738-3428


画像











記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「青森安潟みなとまつり 2017/八甲田丸港フェスタ」のお知らせ

2017/07/13 17:38

毎日本当に暑いですね
青森市は7月11日夜から12日朝にかけて、熱帯夜をこの夏初めて観測しました。
みなさま、熱中症にお気をつけください

今週末のイベント情報です。

青森安潟みなとまつり第1弾は7月15日〜17日、第2弾は7月21日〜7月23日。
7月16・17日に八甲田丸港フェスタが開催されます

最初に青い海公園で開催される青森安潟みなとまつりをお知らせしますね。

7月15日は、2017年日本一となったLOCK DANCER「POG」が登場します
「70・80年代 CLUB/ DISCO NIGHT」も開催しますよ〜
7月16日は、大人気の伝言花火など
7月21日から7月22日までは、「Japan Blues Festival 2017」
7月22日〜23日 ボート天国
7月23日 わんこフェス、ジャズフェスティバルなど。

連日楽しいイベントがたくさん

青森安潟みなとまつり2017のスケジュールはこちらをご覧ください。

画像



青森安潟みなとまつり 2017

●日時
第1弾 7月15日〜7月17日
第2弾 7月21日〜7月23日

●会場
青い海公園

●連絡先
安潟みなとまつり実行委員会
пF017-734-1311


そして7月16・17日に開催される八甲田丸港フェスタ。

八甲田丸前緑地では、フードコーナー、イワナ・ニジマス
のつかみ取り体験、ホタテ貝の釣り体験、ミニSLの体験乗車会、もっと知ろう!あおもりのミナト、ミナトのコンサート、などなど楽しいイベントがたくさん。

7月17日のみ「Mr.防波堤」コンテストが開催されますよ〜。

青森港内では青森港内体験クルージング(無料)も体験できます
※午前9時より整理券を配布、無くなり次第終了。


画像




八甲田丸港フェスタ


●日時
2017年7月16日・17日
9:00〜19:00

●場所
メモリアルシップ「八甲田丸」及び周辺のベイエリア

●連絡先
NPO法人あおもりみなとクラブ
Tel:017-735-8150

詳細はこちらから。

今週末はベイエリアで北国の短い夏を満喫しましょう

画像








記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


八戸へ行ってきました!

2017/07/12 10:55
こんにちは
新青森駅のあおもり観光情報センターです

先日、八戸へ研修へ行ってきました
その様子をレポートしたいと思います
行き先はずっと行きたかった「種差海岸」です
この日は天候にも恵まれ研修日和でした(暑かったですが

八戸駅よりJR八戸線に乗り、種差海岸駅に到着です

駅より徒歩約5〜7分。絶景が待っています。
種差天然芝生地
画像

家族連れで賑わっていました
種差海岸では、朝ヨガが5/27〜9/30まで毎週土曜日にあるそうです
ここでヨガしたら気持ちいいだろうなぁ
うみねこがカメラ目線で「いい気分よ」と言っているような
画像

◆種差朝ヨガ
https://hachinohe-kanko.com/experience/yoga


種差海岸遊覧バス「ワンコインバス・うみねこ号」で移動します。
1回の乗車に付き100円です
画像

◆種差海岸遊覧バス「ワンコインバス・うみねこ号」
https://hachinohe-kanko.com/tanesashi-yuran-bus


葦毛崎展望台では太平洋を一望できます!
画像


画像


鮫角灯台へ
うみねこ号で八戸シーガルビューホテルで下車し、歩いて約5分
4/22〜10/29の土・日・祝日は一般開放されています
日本の灯台50選に選ばれています
画像


高さは23m。79段の階段を上ります
画像

天気が良い日には下北や八甲田山も見ることが出来るそうです

◆鮫角灯台一般開放
https://hachinohe-kanko.com/kanko_data/samekado-todai

お次は、蕪島へ行ってみました。
蕪島と言えば、2015年火事で社殿が全焼してしまい、現在は蕪島海浜公園入口付近に臨時の社務所が置かれています。
画像


蕪島には、沢山のうみねこがいます。現在は8月の旅立ちに向けて雛鳥が飛ぶ練習の最中です。
隣に海水浴場があり、沢山の海水浴客が楽しそうにしているのですが、うみねこの鳴き声の方が賑やか

さて、突然ですが問題です
「うみねこの重さはどのくらい?」
画像

答えは蕪島休憩所で!
うみねこについて詳しく、楽しく知ることができますよ
画像


八戸市で種差海岸の他に気になっていた場所にも寄ってみました
八戸市の中心街にある八戸市が運営する書店「八戸ブックセンター」
専門書を取り扱っていて、テーマごとに配置されています。
館内で購入した飲み物を飲みながら閲覧もできます
館内には八戸市出身の作家三浦哲郎さんの文机のレプリカやハンモック、半個室のような席も!
画像

時間が無くあまり見ることが出来ませんでしたが、是非ゆっくり行ってみたい場所でした。

◆八戸ブックセンター
https://8book.jp/

今回の研修で使用した、お得なチケット
八戸えんじょいカード
https://www.city.hachinohe.aomori.jp/enjoy/
八戸市内のJRとバス(市営バス・南部バス)が1日乗り放題のフリーパスです!
1日700円で乗り放題です今回フル活用しました

みなさんも「えんじょいカード」を利用して楽しく八戸市を観光してみませんか?




記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


「蒸気船 洋上ウオッチング」のお知らせ

2017/07/11 11:47

青森ベイエリアを海から楽しむクルージング「蒸気船洋上ウオッチング」がはじまります。
潮風を浴びながら陸奥湾をのんびり楽しみましょう

画像




蒸気船
洋上ウオッチング

●開催日時
7月15日〜8月20日の土・日・祝
ねぶた期間中の8月2日〜4日

●発着場所
青森港客船ターミナル
(シーライン発着岸壁)

●乗船料金
大人 500円、小中高生 300円、幼児無料

●コース
青森港客船ターミナル〜新中央埠頭〜アスパム裏〜ワ・ラッセ裏〜青森港旅客船ターミナル

●所要時間
約30分

●定員
12名

●運航時間
@10:10〜10:40
A11:00〜11:30
B11:50〜12:20
C13:20〜13:50
D14:10〜14:40
E15:30〜16:00
※受付開始 9:50

※天候の状況によって運航を中止する場合があります。

●連絡先
NPO法人あおもりみなとクラブ
пF017-735-8150



画像














記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


プラネタリウムで星めぐりを楽しみませんか。

2017/07/10 13:05

昨日、満天の星を観賞して来ました

画像


場所は青森市民中央センターのプラネタリウム。

画像


なんと数十年ぶりに足を運んだ市民センター。
市民センターは1969年青森市中央公民館として発足し、一時期は青森市文化センターと呼ばれていて、このプラネタリウムは長年市民に愛され続けています

画像


7月の一般向け投影のテーマは、「天体観測の夏」。

画像


市民センターのプラネタリウムは、日本で稼働している中で2番目か3番目の古さなんだとか
満天の星空の下、お洒落な音楽と心地よい生解説を楽しめるあっという間の50分(解説は、「もつけ祭り」の司会をしていた横山さんでした)。

画像


冷房も効いているので、夏は特におススメですよ
入場料は大人150円ぽっきり。
この夏は、プラネタリウムで夏の夜空を楽しみませんか


画像


5Fで青函トンネル本州方の海底下100メートルの海底石もご覧になれます。

画像


プラネタリウム

●場所
青森市中央市民センター 5階
(棟方志功記念館近く)

●プラネタリウム
個人向けの利用案内

●投影日時
・プラネくんと星空さんぽ(幼児向け番組)
日曜日・祝日・祭日/11時〜
・星空の時間
土曜日/1回目 11時〜、2回目 13時30分〜
日曜日・祝日・祭日/13時30〜


●プラネタリウム休館日
毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
毎月第3日曜日(中央市民センター休館日)
年末年始(12月29日から1月3日)

●観覧料金
中学生以下…無料
高校生以上…150円

●お問合せ先
青森市中央市民センター
障害学習支援チーム
пF017-734-0164

詳しくはこちらをご覧ください。



画像







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「6時30分だヨ!ラヂオ体操&朝マルシェの時間ですよ 全員集合」のお知らせ

2017/07/08 16:05

暑い日が続いていますが、もうすぐ夏休みですね。
今年も7月22日より、ワ・ラッセ西の広場でラジオ体操を開催します

画像


届いたばかりのポスターはこちら。

画像


潮風を感じながら、みんなで一緒に「ラヂオ体操」をしませんか?
ウォーターフロント新名物朝マルシェも楽しみのひとつ。
とれたての新鮮野菜、カフェ・ベーグル、スープも販売しています。

カラダひとつでOKですが、動きやすい服装がおすすめです

カード捺印で、ウォーターフロント各施設(八甲田丸、ワ・ラッセ、A-FACTORY)や中心商店街店舗などで特典や割引がありますよ〜。

6時30分だヨ!ラヂオ体操&朝マルシェの時間ですよ 全員集合

●開催日時
2017年7月22日〜8月19日
・ラヂヲ体操 6:30〜6:45
・朝マルシェ 6:30〜8:00

●場所
ワ・ラッセ西の広場

●参加料
無料

※雨でもやります。

●服装
動きやすい服装推奨

●連絡先
ねぶたの家ワ・ラッセ пF017-752-1311


画像








記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「ねぶたガイド」はじまっています

2017/07/06 18:32

ねぶた祭りまで1ヶ月を切りましたが、ねぶたラッセランドでは7月1日から8月6日まで、ガイドがねぶたのご案内をします。

画像


ねぶたの起源や由来をわかりやすく、また祭りの仕組みやねぶたができるまでをガイドが詳しくご案内してくれますよ〜
お申込み方法は、ガイド本部に直接お越しいただくか、電話(пF017-775-3151)による受付となります。

期間は
7月1日〜7月22日が10:00〜15:00
7月23日〜8月6日が10:00〜15:30(最終受付は30分前)

ただし、12:00〜13:00は、製作者が休憩のため小屋は見学できません

今日のねぶたの制作小屋をのぞいてみると…

画像


画像


画像


色付けが進んでいますね。
台上げが楽しみです〜




画像




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自然の香りを楽しみませんか?

2017/07/04 10:51
こんにちは
新青森駅のあおもり観光情報センターです

ラベンダーがきれいに咲く時期になりました
国道7号線から新青森駅に向かう道路沿いに咲いています
画像

とてもいい香りで癒されます
画像

いい香りなので、人だけではなくハチもやってきますので、ご注意ください


新幹線までの待ち時間、散歩をして過ごすのもおすすめです
画像


今の時期ゆっくり涼みたいなという方には
新青森駅の東口にある「シンボルツリー」がおすすめです
画像

この木は、青森県の木「アオモリヒバ(ヒノキアスナロ ヒノキ科アスナロ属)」です。
木の周りにはベンチがあるので、ゆっくりと過ごせます
日陰にもなるので夏は涼しいですよ
ヒバの香りにも癒されます



そして、以前お伝えしました新青森駅西口にあるりんごの木ですが
青森駅の案内所前同様、結実しました
画像

成長を見守りたいと思います
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


嘉瀬駅の「キャンバス列車」

2017/07/03 10:21

画像


今から20年前、元SMAPの香取慎吾さんが地元の小学生たちと一緒に絵を描いたキハ2208。
20年の歳月でキャンバス列車は、腐食が進んでいたのでした

画像

写真は、昨年1月にブログに掲載した塗り替え前の「キャンバス列車」。

5月30日に、JR津軽鉄道嘉瀬駅に保存されていた「キャンバス列車」が新しく塗り替えられました。
塗り替えの様子は青森でも6月17日に放送されましたので、ご覧になった方も多いかと思います。
香取さんが、すっかり大人になった当時の小学生たちと懸命にペンキを塗っていく姿がとても印象的でした

先月、嘉瀬駅に塗り替えられた「キャンバス列車」を見学に行って来ました。

画像


嘉瀬駅は、津軽鉄道(冬期間ストーブ列車で有名)駅。

画像


五所川原から津軽鉄道で十数分の無人駅。
演歌歌手「吉 幾三」さんは、中学卒業後、この嘉瀬駅から母親に見送られて東京に向かったそうです

画像


レトロな嘉瀬駅ですが、昔は有人駅で売店跡もありました。

画像

駅のトイレの手洗い所!!
珍しくないですか?

そして…
生まれ変わった「キャンバス列車」

画像

ねぶたをイメージして描いた電車の「顔」。

画像

電車の下の部分もカラフルに。

画像


見ているだけで元気になる鮮やかな色使い。
そしてのどかな景色。

画像


駅舎の中に、こんなノートが置いてあり、全国各地から「キャンバス列車」を見学しに来た方々の寄せ書きが読めます。

画像


そして、嘉瀬駅近くの小田川が流れる奴橋(やっこばし)の上に人形を発見

画像

このモニュメントは嘉瀬の奴踊りで、青森県の無形文化財にも指定されている嘉瀬に約300年前から伝わる田植踊りです。


●嘉瀬駅へのアクセス
青森駅から嘉瀬駅まで車で約1時間

五所川原から津軽鉄道で十数分


青森駅前青森市観光交流情報センターよりお届けしました。



画像







記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


「あおもりてぬぐいスタンプラリー」のお知らせ

2017/07/02 08:36

7月1日から青森市では「あおもりてぬぐいスタンプラリー」を開催中です

画像


台紙に見立てた手ぬぐいに、市内の観光施設にあるスタンプを押していくもので、ひと味違った思い出づくりができますよ。

画像


青森駅前の青森市観光交流情報センターで設置しているスタンプは「金魚ねぶた」。

参加の方法をお知らせします

青森市内の宿泊施設に泊まったことが確認できる旅行代理店発行の旅行行程表や、携帯電話等の宿泊のWEB予約画面などを、てぬぐい引換場所である青森駅前の青森市観光交流情報センターか新青森駅内のあおもり観光情報センターにご掲示下さい。てぬぐいをお渡しします

ただし繁忙期である「ねぶた期間(8/1〜8/7)」や「お盆(8/11〜8/16)期間」を除きますのでご注意くださいね

画像

これがスタンプを押す前の台紙に見立てた手ぬぐい。


そして、スタンプを押せる場所は15ヶ所。
それぞれ素敵なイラストのスタンプをご用意しています

画像


いろいろ巡ってスタンプを集めて青森の景色を完成させましょう。

月ごとにてぬぐいの配布枚数に限りがありますので、お早めにご参加くださいね

あおもりてぬぐいスタンプラリー

●開催期間
2017年7月1日〜9月30日

●てぬぐい引換場所
青森市観光交流情報センター
あおもり観光情報センター

・引換時間
8:30〜19:00

・除外日
8/1〜8/7、8/11〜8/16

●スタンプ設置場所
@青森市観光交流情報センター
Aあおもり観光情報センター
Bねぶたの家ワ・ラッセ
C青森市森林博物館
D八甲田丸
Eアスパム
Fあおもり北のまほろば歴史館
G三内丸山遺跡・縄文自遊館
H縄文の学び舎・小牧野館
I八甲田ロープウェー
J八甲田山雪中行軍遭難資料館
K浅虫水族館
L道の駅 「ゆ〜さ浅虫」
M道の駅 「アップルヒル」
N浪岡交流センター「あぴねす」



各施設のホームページで開館時間、休館日等をご確認ください。

●問合せ先
青森市観光振興会議
пF017-734-2328




画像














記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


<<  2017年7月のブログ記事

トップへ

青森市観光案内所BLOG 2017年7月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる