青森市観光案内所BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 「よみがえる竹のねぶた」のお知らせ

<<   作成日時 : 2018/01/06 15:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


みなさま、竹ねぶたをご存知でしょうか
竹ねぶたは昭和30年代まで制作されていましたが、昭和40年代に姿を消してしまいました。
何故かというと、骨組みに加工しやすい針金が普及していったからです

なんとその竹ねぶたが14日までねぶたの家ワ・ラッセで公開制作されています

画像
しかも制作しているのは、ねぶた名人の千葉作龍さん。
目の前でねぶた名人の作業を見られるなんて、なんと贅沢なのでしょうか


画像
千葉作龍さんのお父様が昭和30年に制作したねぶたを題材に、高さ2メートル、幅4メートルの中型ねぶたを作っています。


画像
休憩から戻っていらしたとき、「今日は本調子ではない」と冗談を飛ばしていた千葉作龍さんですが、ひとたび作業に取り掛かると、美しい手さばきで次々と竹を紐で結わえていきます。

画像
思わず時間を忘れて見入ってしまう入場者


画像
公開作業をしている会場は、ねぶたミュージアム内にあるのですが、昭和30年代のねぶた小屋を丸太とムシロで再現したセットになっていて、そのレトロ感も素敵ですよ〜

画像
アンティークなかき氷器や扇風機…癒されます


画像
針金と違い取扱いが難儀な竹ですが、竹ならではの素朴さと自然な曲がり具合の味があります。
ただし、竹ねぶたの時代もねぶたの顔には一部針金を使用していたようです

画像
こちらが制作実演時間スケジュールですが、これ以外の時間も作業していらっしゃいます。

竹ねぶたの完成後は、ワ・ラッセに展示されますのでお楽しみに


よみがえる竹のねぶた

●開催日時
平成30年1月2日〜14日

●開催場所
ねぶたの家ワ・ラッセ
ねぶたミュージアム

●入場料
大人1名600円(入館料でご覧になれます)

●連絡先
ねぶたの家ワ・ラッセ
пF017-752-1311


画像








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「よみがえる竹のねぶた」のお知らせ 青森市観光案内所BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる