川内川渓谷と奥入瀬渓流のFresh green

ついに一昨日、青森も梅雨入りしました

青森は今、新緑が美しい季節を迎えていますが、今日は、下北と奥入瀬渓流の新緑をお届けします。

まず、下北半島にある川内川渓谷の新緑です。

DSC02827.JPG
6月1日にバスツアーで視察研修に行った際に、セキレイ橋の上から撮影した新緑。

DSC02835.JPG
ライムグリーンの新緑が目に眩しく、時間をかけて行く価値がある場所です

そして奥入瀬渓流。
こちらは6月5日にドライブに出かけた際に撮影した新緑です
DSC02939.JPG
有名な奥入瀬渓流の「阿修羅の流れ」。

目に眩しいフレッシュグリーン。
DSC02908.JPG
何とも言えない美しい緑色でしょう

奥入瀬渓流の「石ヶ戸」にあるトチノキ。
DSC02909.JPG

日本のマロニエで、巨木になり堂々たる風格になるトチノキ。湿地に生える落葉大高木で、実は時として食用とされます(奥入瀬渓流は採取禁止区域です )。
ぜひ立ち止まって見上げて下さい

DSC02922.JPGこちらは奥入瀬渓流の「石ヶ戸」の遊歩道に生えている苔を接写したもの。

奥入瀬渓流には沢山の種類の苔植物が自生していますが、苔は空気中の湿度や土壌の水分量を調整する役割を担っています。

グリーンのカラーは、副交感神経を優位にし、ストレスや憂鬱な感情を緩和してくれる作用を持っていると言われていますが、木々の新芽や若葉からは「フィトンチッド」が大量に発散されているそうです

緑の中で深呼吸をしてたっぷりの酸素とその成分を取り込むことで、健康維持に効果があるそうですが、実際に奥入瀬渓流を歩くと頭がスッキリしますよ~。


本日のブログは青森駅前にある青森市観光交流情報センターよりお届けしました


bg_body.jpg



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント