写真展 オードリー・ヘプバーン

新型コロナウイルス感染者が青森市内で確認されたことを受けて、東奥日報新町ビルNew′sホールで開催中の「写真展 オードリー・ヘプバーン」は、4月4日から17日まで一時中断し、18日から再開の予定でしたが、感染拡大防止のため中止となりました。

お問い合わせは東奥日報社事業部(℡:017-718-1135)まで

illust4132_thumb.gif


20世紀を代表し、時代を超えて愛され続ける女優オードリー・ヘプバーンの写真展が3月14日から東奥日報新町ビル3FNew's ホールで開催されています

さっそく一昨日観て来ました。

DSCPDC_0002_BURST20200325151715520_COVER.JPG


ファッション、映画、プライベートがテーマの写真展で、最も輝いていた頃の写真が約150点が展示されています

「ローマの休日」や「ティファニーで朝食を」の場面や、ハイハイするお子さんたちを見守る表情など、内面からにじみ出るオードリーに魅了されます。

DSC_1362.JPG

まるでアニメの主人公のように目が大きく、姿勢がよいうえに脚がスラッと長いオードリーは、ため息が出る美しさです

ファッションアイコンだったオードリーのファッションにも注目です
うっとりすること間違いなしですよ。

ちなみに新型コロナウイルスの感染拡大防止にのため、会場にはアルコール消毒液が設置されていました。

気分転換にいかがでしょうか


写真展 オードリー・ヘプバーン
~今よみがえる、永遠の妖精~


●日時    
3月14日~5月10日
10:00~18:00
(入館は17:30まで)
※会期中無休

●会場    
東奥日報新町ビル3F New’sホール

●入場料   
一般・大学生900円
中学・高校生500円
※小学生以下は無料
       
●お問い合わせ先
東奥日報社事業局事業部
℡:017-718-1135
(平日9:00~17:00)





"写真展 オードリー・ヘプバーン" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。