「青森市民ナヌカ日ねぶた」レポート

新型コロナウイルスの影響で中止となった「青森ねぶた祭」。

青森市民に「青森ねぶた祭」の雰囲気を少しでも味わっていただくとともに、来年の祭り開催に向けた想いを繋いでいくことを目的に「青森市民ナヌカ日ねぶた」が一昨日(8/7)青い海公園で開催されました

DSC07738.JPG

イベントは2部構成で、新型コロナウイルス感染防止のため、入場を各部2,000人に制限しました(事前の応募による抽選とし、対象は青森市民限定)。

ねぶたの家ワ・ラッセで展示している昨年運行された大型ねぶた3台を青い海公園に展示し、ねぶた囃子の生演奏を楽しむというイベント

DSC07700.JPG私は、第二部に入場しました。

まずはねぶたを見学

DSC07749.JPG2019年ねぶた大賞受賞作品、竹浪 比呂央作 「紀朝雄の一首 千方を誅す」



2019年知事賞受賞作品、北村 麻子作「神武東征」


DSC07745.JPG2019年商工会議所会頭賞  北村 春一作「瓊瓊杵尊と木花咲耶姫」

日が落ちると、明かりがともされた大型ねぶたの本領発揮です。
一年ぶりに屋外で見た艶やかな姿に感動を覚えました

「私も見たかったなぁ」そんな声が聞こえて来そう(二部の倍率はめちゃくちゃ高かったそうです)ですが、これらのねぶたは、ねぶたの家 ワ・ラッセに展示されていますので、ぜひご覧になって下さいね。

そして会場三ヶ所で演奏されたねぶた囃子が鳴り響き、祭りムード”を盛り上げました
今回、囃子方は混合編成となっていました

DSC07715.JPG先日、ねぶたの家ワ・ラッセに納入されたばかりの桶胴6尺太鼓の音が、空高く響き渡りました。
大太鼓を最後まで同じ調子で叩き続けるには、体力と熟練が必要です。

DSC07717.JPG笛と太鼓と手振り鉦が揃ってねぶた囃子になります。
手振り鉦は囃子のムードメーカー的な存在で、粋な囃子で練り歩きます

DSC07739.JPG美しい夕焼けを味方につけ、一心不乱に演奏する囃子方。
ねぶたの笛は篠笛と言われ、澄んだ深みのある音色をだせるには約3年かかると言われています。
哀調を帯びた笛の音色に心揺さぶられました

DSC07735.JPG小太鼓は大太鼓の音の間をぬうようにリズミカルに演奏します。

会場の三ヶ所から聞こえる立体的な囃子の音色が、本当のねぶた祭を彷彿させてくれました。

来場者は記念撮影をしたり、小さな声で「ラッセラー ラッセラー」と声を掛け合ったり、リズムをとったりして一日限りのお祭りを満喫しました

最後はサプライズ花火も打ち上げられ(写真がなくてすみません)、来年のねぶた祭開催に向けた想いを繋ぎました




本日のブログは青森駅前の青森市観光交流情報センターよりお届けしました


bg_body.jpg



夏祭りを感じるアドトレーラー

例年だと8月2日~7日は青森ねぶた祭一色なのですが、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて中止になり、青森駅周辺は静かな8月を迎えています。


そんな中、青森ねぶた祭弘前ねぷたまつり八戸三社大祭の山車の写真を車体の側面に掲載し、囃子の音が流れるアドトレーラー(移動広告車)を展示・運行しています

青森県内4つの観光団体などが、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた県内の夏祭りの雰囲気を感じてもらおうと企画したイベントです

DSC_1560.JPG
8月1日の会場は、青森市のアスパム駐車場。
真夏の太陽がサンサンと降り注ぐ中、撮影に行ってまいりました

DSC_1558.JPGVOLVOの巨大トレーラーは、全長17メートル、幅2.5メートル、高さ3メートルという大きさ
赤が青空に映えます


側面に描かれている夏祭りは
DSC_1563.JPG
青森ねぶた祭

DSC_1566.JPG
八戸三社大祭

DSC_1567.JPG
弘前ねぷたまつり


8月4日・5日は弘前市の主要道路をメインに運行する予定です

DSC_1569.JPG

残念ながら今年の青森ねぶた祭は中止になりましたが、来夏の青森ねぶた祭は、みなさまに2年振りのねぶた祭を思い切り楽しんで頂けることを、スタッフ一同願っております


ラッセラー、ラッセラー


本日のブログは青森駅前の青森市観光交流情報センターよりお届けしました


#コロナに負けない青森県
#青森夏祭り


bg_body.jpg






浅虫水族館の横断幕と「アートすぎる駅」 By GOMAさん

田舎館駅舎が「アートすぎる駅」と話題になった平川在住のアウトサイダーアーティスト 、GOMAさんと浅虫水族館がコラボし、制作された横断幕が7月28日に浅虫水族館正面外壁に設置されました

DSC07643.JPG
高さ3m×長さ17mの横断幕は、浅虫水族館のマスコットキャラクター「ここる」を中心に、イルカやアザラシ、ペンギン、クラゲなど100匹以上の海の生きものたちがびっしりと描かれています。
GOMAさんが手がけた作品の中で一番長いそうですよ~

DSC07647.JPG独創的タッチで描かれているのですが、生き生きと描かれている海の生きものたちが、とても微笑ましくて何度も見てしまいました
さすが小さいころから浅虫水族館に行っていたGOMAさんだなぁと思いました。

DSC07646.JPGそれから浅虫水族館のオリジナルこいのぼり「いるかのぼり」もありました(GOMAさんの作品ではありません)。
新型コロナウイルスの早期終息を願うとともに、医療従事者への感謝の思いを込めて8月23日まで夏休み中掲揚します(9:00~16:00)。

バンドウイルカ、ウミガメ、ゴマフアザラシ、クマノミ、スルメイカの中から3種類掲揚するそうですが、この日は、バンドウイルカ、ゴマフアザラシ、スルメイカが風にそよいでいました


夏休みは、浅虫水族館へお越しください

青森県営浅虫水族館
TEL:017-752-3377
ホームページ:http://asamushi-aqua.com/


さて、気になる弘南鉄道 田舎館駅にも行って来ましたよ~

DSC07613.JPGこちらが昭和の雰囲気たっぷりの田舎館駅。

DSC07616.JPGレトロ感が半端ないです

DSC07619.JPGが、しかし。
一歩中に入ると別世界
お花もたくさん

DSC07617.JPG天井からつぶらな瞳(?)でみつめられます

DSC07620.JPG


DSC07621.JPG待合室はお子さんも喜びそうなポップな空間になっています。
よく目にする駅のイスもこの通り。

田舎館駅まで青森駅から車で約50分
または、弘前駅から弘南鉄道で約30分。

今年は田舎館の田んぼアートはありませんが、田舎館駅の「アートすぎる駅」をご覧になりませんか?


本日のブログは青森駅前にある青森市観光交流情報センターよりお届けしました

bg_body.jpg










色づいてきた「ふじ」

DSC_1533.JPG7月も残りあとわずかとなりましたが、青森市観光交流情報センター前にあるりんご(ふじ)が、赤く色づいてきました

DSC_1537.JPG
今秋はいくつ大きくなれるのでしょうか(昨年は台風で落下してしまいました…)。

青森県はりんご王国ではありますが、木に実っているふじを街中で、こんなに間近で見られる機会はあまりありませんので、ぜひご覧になって下さいね

そして青森駅構内では、「家庭や職場に花を飾ってみませんか」という提案で、青森県花のくにづくり推進協議会によるフラワーアレンジメントが飾られています

DSC_1525.JPG
青森駅東口を入ってすぐの場所で、こんなゴージャスなお花たちが出迎えてくれますよ。

DSC_1529.JPG
トルコキキョウ。


DSC_1527.JPG
グラジオラス。


DSC_1528.JPG
手前のブルーファンタジアも華を添えています


みんな青森県産のお花です
こちらも併せてご覧くださいね。


本日のブログは青森駅前にある青森市観光交流情報センターよりお届けしました

bg_body.jpg



猿賀公園の蓮の花と黒石の紫陽花

DSC07584.JPG
今年も平川市の猿賀公園へ蓮の花を見に行って来ました

DSC07581.JPGまだ蕾が多かったのですが、今年は花付もよくスラッとした美人さんが目立ちました。

DSC07594.JPG北限の群生している和蓮で、神々しい美しさです
ここでは7月中旬からから9月初旬ごろまで、一面に咲く淡いピンク色の蓮の花を楽しむことができますよ~。

花托の形状がハチの巣に似ていることから、「ハチス」が「ハス」の名前に なったという説があります。
気をつけて見てみてくださいね

DSC07600.JPG
猿賀神社社務所で、蓮の花の咲く期間限定の御朱印をもらえますよ
期間は令和2年7月19日~8月31日です。

DSC07607.JPG100匹以上の鯉が悩み(鯉のエサ)を食べて、願いを叶えてくれると言われている「こいこい神社」の鯉たちは、相変わらず元気いっぱいでした。

猿賀公園へはJR弘前駅より弘南鉄道弘南線乗車、津軽尾上駅下車、徒歩約15分
または青森駅から車で約1時間です。


●連絡先
平川市観光協会(猿賀公園内)
℡:0172-40-2231



DSC07626.JPG途中、黒石市にある東公園で、紫陽花を愛でてきました


DSC07631.JPG昭和63年5月、黒石ロータリークラブが約1200株を寄贈したのが始まりの紫陽花は、見頃を迎えています


DSC07636.JPGモリモリ花開いていたので、記念撮影にも最適な場所ですよ。


DSC07640.JPGガクアジサイの青がとても素敵でした

東公園は桜の名所として古くから知られています。
猿賀公園から車で15分ほどですから、トイレ休憩がてらいかがでしょうか?
ちなみに青森駅からだと車で約1時間です。


本日のブログは青森駅前にある青森市観光交流情報センターよりお届けしました


bg_body.jpg





新青森駅 期間限定ショップのご案内

こんにちは
新青森駅2階のあおもり観光情報センターです

新青森駅1階のあずまし広場にて7/15~28まで
期間限定ショップが出店中です

1DSCN1261.JPG


風花洞 虚空蔵窯 ふうかどうこくうぞうがま
南部町の陶芸作家 斎藤幹治さんの作品の展示販売です

5DSCN1262.JPG

落ち着いた陶器の中に描かれた色が
目を引きます

6DSCN1268.JPG

7DSCN1271.JPG

コーヒーカップやお皿、全て一点ものです



横山組み木工房

DSCN1267.JPG


つみ木、遊べる組み木絵はがき等あり、動物の形がかわいらしいですね

2D.JPG

3DSCN1266.JPG

動物の形の積み木を自由に積み重ねて遊べます
こちらも全て手作りで温かみがありますね



場所:新青森駅1階 あずまし広場
日時:7月15日(水)~7月28日(火) 10:00~18:00


◎風花洞 虚空蔵窯
電話0178-76-3040 / 携帯 080-1680-2383

横山組み木工房
電話017-787-1314

紫陽花に彩られた龍飛岬

先週末、津軽半島の最北端、龍飛岬へドライブに出掛けました

DSC07505.JPG龍飛岬と言えば真っ白な龍飛埼灯台
日本の灯台50選にも選ばれた詩情あふれるこの灯台は、津軽海峡を行き交う船の安全を見守っています

DSC07527.JPG
灯台を背に龍飛崎展望台(新型コロナウイルスの影響で閉鎖中)の裏手へ歩いて行き、2頭の龍が鎮座する「龍見橋」を渡ると、吉田松陰のブロンズ像等が設置してある広場があり、紫陽花も見頃を迎えています

DSC07532.JPG残念ながら北海道は見えませんでしたが、龍飛岬ならではの絶景が広がっていました。

DSC07510.JPG今まで訪れた中で、一番穏やかな津軽海峡。

DSC07522.JPG風力発電機と紫陽花。

三厩駅から龍飛岬の先端までの約15キロメートルの山間道路は、「あじさいロード」と名付けられていて、約15,000本の紫陽花が植えられています。
今の時期は、紫陽花に彩られた龍飛を楽しむことが出来ますよ

DSC07538.JPGかの有名な階段国道。
全362段の日本で唯一の階段国道で、車もバイクも通れません
こちらは岬側の階段国道です。
紫陽花がとてもキレイでしたよ~

DSC07540.JPG岬下側の階段国道。
一般住宅の間を通り抜けます。
歩道であるのにもかかわらず「おにぎり」型の標識も要チェックです

DSC07542.JPG津軽海峡を見下ろす高台にある「津軽海峡冬景色歌謡碑」。
ごらんあれが龍飛岬北のはずれと
石川さゆりになりきって口ずさみたくなります。

ちなみに、龍飛岬の「津軽海峡冬景色歌謡碑」は、ボタンを押すと『津軽海峡・冬景色』の2番のみが流れますが、青森駅近くにある「津軽海峡冬景色歌謡碑」はフルコーラスで聴くことができます

見頃を迎えた紫陽花が美しい龍飛岬へのドライブはいかがでしょうか。
青森駅から車で片道約2時間のです。


本日のブログは青森駅前の青森市観光交流情報センターよりお届けしました




bg_body.jpg