ねぶたアート創生プロジェクト

ねぶた師13名が、ねぶたの技法を用いて新しい形のアート作品を創生するプロジェクト、「ねぶたアート創生プロジェクト」が青森市内で2月28日まで開催されています

今日は、数ある会場の中から青森駅、ねぶたの家ワ・ラッセ、リンクモア平安閣市民ホールで撮影した「ねぶたアート」をお届けします


まずは青森駅。

DSC09059.JPG北村 隆 作 「津軽三味線と津軽海峡」。
津軽海峡に抱かれた津軽三味線。

DSC_1832.JPG林 広海 作 「薪ストーブ」。
煌々と燃える懐かしい薪ストーブ。



次にワ・ラッセ。

DSC09113.JPG
千葉作龍 作 「Crazy Apple」。
カラフルなねぶた色の巨大りんご。

1612145847476.jpg
諏訪 慎 作 「ふくろう」。
今にも飛んで来そうなリアルさがあります。


そしてリンクモア平安閣市民ホール。

DSC09100.JPG手塚茂樹 作 「JOMON~安寧への祈り~」。
三内丸山遺跡、八戸市の是川遺跡、弘前市の十腰内2遺跡を題材に制作。
土偶は再生への祈りの意味が込められて作られていたという説から平和な時代への祈りと世界文化遺産登録の祈りを込めた作品です。

DSC09108.JPG
京野和鴻 作 「雪の結晶」。
厳しい寒さの中に温かみのある灯りをイメージした作品です。

DSC09104.JPG
諏訪 慎 作 「白鳥とはまなす」。
青森県の県民鳥である「白鳥(冬)」、青森市の花「はまなす(夏)」を題材に、夏、冬を通してねぶたの魅力をイメージした作品。


冬の青森を舞台に、今年しか見られないねぶたアートをぜひご覧ください



ねぶたアート

●開催時期
2021年2月1日~28日

●開催場所
青森市役所本庁舎サードプレイス、駅前庁舎スクエア、青森駅前地区、青森公立大学国際芸術センター青森、浅虫地区 ほか

●お問合せ先
青森市経済部観光課
℡ 017-734-5179

詳しくはこちらをご覧ください。





本日のブログは青森駅前にある青森市観光交流情報センターよりお届けしました


bg_body.jpg








あおもり雪灯りまつり 2021

あおもり雪灯りまつりが1月29日から31日までねぶたの家ワ・ラッセ西の広場で開催されています

DSC09082.JPGあおもり雪灯りまつりは、キャンドルの灯りにこだわった雪国ならではの手作りイベント。

DSC09081.JPG昨日は吹雪の中、オープニングセレモニーが開催されました
点灯式では、強風に邪魔されてなかなかキャンドルに灯がつかないというアクシデントが…。
ようやく灯がともり、ホッとした表情のみなさま

DSC09064.JPG厳冬期の澄んだ空気に優しく揺らぐ雪灯ろうに心がほっこりしますよ


DSC09069.JPGオリンピックのロゴをモチーフにした雪灯ろうもありました

DSC09091.JPGA-FACTORY、八甲田丸、ベイブリッジ、ねぶたの家ワ・ラッセが見える会場は、写真撮影にも最高のロケーションですよ

ぜひ、あおもり雪灯りまつりにお越しください
暖かい服装でお越しくださいね~。


あおもり雪灯りまつり 2021

●開催日時
2021年1月29日~31日
17:00~21:00

●場所
ねぶたの家ワ・ラッセ西の広場



本日のブログは青森駅前にある青森市観光交流情報センターよりお届けしました



bg_body.jpg








生誕110周年記念 阿部合成展 修羅をこえて~「愛」の画家

ここ数日、穏やかなお天気に恵まれている青森市は、一時は積雪が1メートルを超えましたが、1月26日8時現在69cmまで減りました
あおもり犬の雪帽子も小さくなりました

DSC_1819.JPG

さて、青森県立美術館で阿部合成の生誕110年を記念して開催されている「阿部合成展」の会期が残り1週間を切りました。
先週末、「阿部合成展」にお邪魔しましたが、とても見応えがある展示でしたよ

阿部合成は、浪岡村(現・青森市浪岡)に生まれた画家で、初期からメキシコ時代、晩年にいたるまで生涯を網羅する作品を県内外の美術館などから集め、展示しています。

DSC_1823.JPG

ねぶたや、十和田湖、田代平など青森市民にお馴染みの風景が描かれた油絵に親近感を覚えます

もちろん、リーフレットにも掲載されている「見送る人々」はとにかく圧巻ですよ~
この作品は、出征兵の見送りを描いたもので、恥ずかしながら右側にご本人と従弟である常田健が描かれていることを初めて知りました。

DSC_1816.JPG

太宰治は青森中学時代の同級生で親友でもあったことが知られていますが、太宰治との交友を伝える資料も展示されていますので、太宰ファンも楽しめるかと思います


DSC_1824.JPG

新型コロナウイルスの終息を願い、ねぶた師竹浪比呂央さんが描いた病魔退散の神「鍾馗(しょうき)」のねぶた絵100枚で仕立てた屏風も、2月23日まで常設展示室でご覧になれます。

このねぶた絵は5月下旬より9月初旬にかけて竹浪さんが1日1作、インスタグラムに発表したものです。
たくさんの若い男性来場者が真剣に作品を観ていたのが印象的でした


生誕110周年記念 阿部合成展 修羅をこえて~「愛」の画家


●会期
2020年11月28日~2021年1月31日

●開館時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)

●連絡先
青森県立美術館
Tel 017-783-3000

本日のブログは青森駅前にある青森市観光交流情報センターよりお届けしました



bg_body.jpg





藤崎の白鳥たち

寒い日が続いている青森市。
本日の青森市内の積雪量は16時現在で77cm、気温はマイナス3.3度です

DSC09018.JPG
昨日、冬の使者、白鳥の飛来地として有名な藤崎町の平川に行ってきました
毎年12月~3月ころになると、平川土手にはたくさんの白鳥たちがやってきて羽を休めたり、食事をしたりする姿が見られます。

DSC09006.JPG昨日も「白鳥ふれあい広場」として整備された土手沿いの川に、たくさんの白鳥が集まっていました。
平川の白鳥は、昭和51年(1976年)県天然記念物に指定されています

DSC09014.JPGここのところ積雪が多かったため、汚れのない真っ白な白鳥ばかりで、それはそれは美しかったですよ

DSC09027.JPG白鳥と鴨たちで、とても賑やか

DSC08999.JPG残念ながら、昨日は岩木山が姿を見せなかったのですが、お天気に恵まれると雪を頂く岩木山をバックにした白鳥を撮影することが出来ます


白鳥ふれあい広場

●場所
藤崎町大字藤崎岡本先(平川河川敷)

●お問い合わせ先
藤崎町役場
℡: 0172-75-3111

●交通
JR五能線「藤崎駅」から徒歩10分
青森駅から車で約60分




本日のブログは青森駅前の青森市観光交流情報センターよりお届けしました





bg_body.jpg



新年のご挨拶

あけましておめでとうございます

旧年中は青森市観光案内所blogを読んでいただきましてありがとうございました。
今年も案内所スタッフの目線で旬な観光情報をお届けしたいと思います

DSC_1803.JPG青森駅前の青森市観光交流情報センターでは、正月花と鏡餅を飾って、みなさまにお正月気分を味わって頂いています。

DSC_1801.JPG

ガーベラの花言葉は「希望」「前進」。
2021年が希望を持てる幸せな一年でありますように

青森駅前の青森市観光交流情報センター、新青森駅内あおもり観光情報センタースタッフ一同、みなさまのお越しをお待ちしています。
今年もよろしくお願いいたします


本日のブログは青森駅前の青森市観光交流情報センターよりお届けしました



bg_body.jpg



今年もお世話になりました

早いもので、令和2年も残すところあと2日になりましたね~

DSC_1789.JPG
青森駅に大きな門松が飾られました

DSC_1790.JPG

門松は、新年に神様が迷わずやってくるための目印と言われています。
寒い冬にも強い生命力をもつ松は、神が宿る木とされてきたようですよ

DSC_1792.JPG


今年も青森市観光案内所blogを読んで頂き、どうもありがとうございました
本日が今年最後のブログ更新となります。


来年も青森市観光交流情報センター(青森駅前)、あおもり観光情報センター(新青森駅内)をよろしくお願い致します。
なお、両案内所とも年末年始期間も休みはありませんが、12月31日・1月1日のみ閉館時間を17時に変更させて頂きます。
また、年末年始は休館する観光施設が多くなりますので、各施設のホームページでご確認のうえお出かけください。

皆さま、良いお年をお迎えください



本日のブログは、青森駅前の青森市観光交流情報センターよりお届けしました

bg_body.jpg


「特別ねぶた」公開中

特別ねぶたがついに完成し、12月23日からねぶたの家ワ・ラッセで展示されています

DSC08979.JPG

What's 「特別ねぶた」

新型コロナウイルスの感染拡大のため、2020年の青森ねぶた祭が中止となり、創作活動の場を失ったねぶた師に制作の機会を提供し収入面でも支援しようとクラウドファンディング企画が実施されました
そしておかげさまで支援金が集まり、ねぶた師14人が1体ずつ制作したものを組み合わせて1台のねぶたにしたのです。

その名は、「願いの灯~薬師如来・玄奘三蔵と十二神将~」

DSC08969.JPGそれぞれのねぶた師の個性があふれるねぶたが14体もあり、それはそれは豪華絢爛であります。

DSC08971.JPG「薬師如来」(6代目ねぶた名人・北村隆作)、「玄奘三蔵」(5代目ねぶた名人・千葉作龍作)を中央に配置し、この2体を護るように12名のねぶた師が制作した「十二神将」が取り囲みます。

DSC08982.JPG「特別ねぶた」は、横幅8.5m、奥行き6.8m、高さ5.2m。

DSC08989.JPG時間を忘れて見入ってしまいました

特別ねぶたは、ねぶたの家ワ・ラッセで来年8月上旬まで展示予定です。
次回の青森ねぶた祭の運行も決まっていますよ~

DSC08986.JPGまた、ねぶた師合作による「特別ねぶた」下絵展も、ねぶたミュージアムで開催中です


DSC08985.JPG
ねぶた師14名それぞれの下絵原画の展示を始め、クラウドファンディング返礼品のデザインとなった各ねぶた師の思い入れのあるねぶたをご紹介していますよ~。

冬休みは、ぜひワ・ラッセへ


ねぶた師合作による「特別ねぶた」下絵展

・開催日時 
2020年12月23日~2021年1月11日
・開催場所
ねぶたミュージアム
・連絡先
ねぶたの家 ワ・ラッセ
℡ 017-752-1311




本日のブログは青森駅前にある青森市観光交流情報センターよりお届けしました

bg_body.jpg