西目屋村ブナコ工場へ行ってきました

こんにちは、新青森駅2階のあおもり観光情報センターです
先日、西目屋村にある「BUNACO(ブナコ)西目屋工場」に行って来ました
西目屋小学校旧校舎を活用して2017年に新設された工場です。
ブナコは日本一の蓄積量を誇る、青森県のブナの木を有効利用するために開発された木工品です。
入口.JPG
中.JPG
ブナコが出来るまでの行程も紹介していました。
ブナコが出来るまで.JPG
ブナコのステレオや
スピーカー.JPG
照明
照明.JPG
イスもあります。
いす.JPG
ショップもあり、素敵なブナコ商品がたくさんあります
ショップ(全体).JPG
ショップ(皿).JPG
ショップ(照明).JPG
ショップ(ティッシュ).JPG
BUNACO CAFEでは、アップルパイやバウムクーヘンなどがあるそうです。
私が行ったのはカフェのオープン時間前だったので、食べられなかったですが次回はカフェにも寄りたいと思います

カフェ(案内板).JPG
ブナコ西目屋工場までは、青森市内からお車で約1時間30分
工場の近くには、「白神山地ビジターセンター」や「道の駅津軽白神Beechにしめや」などもありますよ
◎「BUNACO」 http://www.bunaco.co.jp/
◎「西目屋村」https://www.nishimeya.jp/shirakami/index.html
◎「白神山地ビジターセンター」 https://www.shirakami-visitor.jp/
◎「道の駅津軽白神Beech にしめや」https://www.tsugaru-shirakami.com/

「雲谷高原 コスモスまつり&よさこいソーランまつり 2019」のお知らせ

コスモスの季節を迎えた青森市ですが、今年も「雲谷高原コスモスまつり」がモヤヒルズで9月21日から22日まで開催されます
DSC04736.JPG昨日一足早く、モヤヒルズにコスモスを愛でに行ってきましたが、もうキレイに咲き誇っていました。
今年のコスモスは倒れたりせずに、空に向かって背筋を伸ばして咲いていて、とても美しいですよ~

DSC04718.JPG昔ながらのコスモスの他に、珍しい品種も楽しめます。
こちらは、レッドイリュージョン

DSC04727.JPGコスモスの迷路をくるくる回って散策
出口付近からは青森市内、むつ湾が一望できます。

DSC04738.JPG風にそよぐキバナコスモスも素敵ですよ

DSC04744.JPG迷路を上がり切り、キバナコスモス畑の横を歩きコスモスアート展望所まで行くと、

DSC04742.JPGこ~んなコスモス干支アートがご覧になれます。
そう、さきほど通ったキバナコスモス畑が、このコスモス干支アートでした~

9月21日から22日に開催される「雲谷高原コスモスまつり」は、コスモス迷路、フリーマーケット、花・農産物の即売会、ひまわり絵画コンクールの作品展示、フクロウふれあい体験、乗馬体験(22日のみ)、ふわふわ遊具、飲食コーナーなど楽しいイベントが盛りだくさん。

モヤヒルズ.jpg

雲谷高原 コスモスまつり

●開催日時
2019年9月21日~22日
10:00~16:00

●開催場所
モヤヒルズ

●主催者
モヤヒルズ
℡:017-764-1110

また9月23日は、コスモスよさこいソーランまつりがモヤヒルズ内キッズゲレンデにて10:30~15:30に開催されます。

みなさんのお越しをお待ちしています


本日のブログは青森駅前にある青森市観光交流情報センターよりお届けしました

bg_body.jpg


弘前公園でLet'sスマートグラス体験♪

先週、研修で「弘前公園スマートグラスガイドツアー」に参加してきました
弘前公園すぐそばの藤田記念庭園の事務所で受付をしています
体験料はお一人様1,000円

「スマートグラス」とは、このメガネ型の端末のこと
DSC_9441.JPG
一人一台スマートグラスを受け取ったら、首からグラスを下げ、グラスと繋がっている端末はポケットに入れます。
DSC_9462.JPG
準備が整ったら、いざツアーに出発

まずは追手門へ向かいます
DSC_9446.JPG
ツアー中は基本的にスマートグラスを使わずに歩き、アテンダントさんから指示があった時にグラスを使います。
DSC_9447.JPG
追手門では、スマートグラスを装着すると、音声付きで弘前城の歴史の紹介が流れました

追手門は、釘を一本も使わずに建てられている「くさび門」と呼ばれる門で、どれか一本でも柱を抜くと、バラバラになってしまうのだそうです
DSC_9449.JPG
弘前公園にある5つの門は、すべてこの工法で作られているそうですよ

画像が暗くて見えづらいのですが…
DSC_9450.JPG
中央辺りの、円形の盛り上がりは「乳鋲(ちびょう)」と呼ばれる装飾。
子孫繁栄を表すもので、この装飾がある門は格式が高いのだとか。

黄色で印をつけた部分、ハート型に見えませんか
DSC_9452.JPG
こちらは左向き
DSC_9451.JPG
実はこれ、ハートではなく「猪目(いのめ)」というそうです。読んで字のごとく、猪の目のこと。
門に動物の目の模様を付けることで、魔除けの意味合いがあったそうです

こうしたうんちくを知ると、追手門が今までよりも更に立派に見える気がします。
いつも公園に入る時に、さっと通り過ぎてしまっていたのが何ともったいないことか

お次は南内門でスマートグラスを装着
DSC_9458.JPG
こちらでは、紅葉と桜の時期の風景が観られました。
DSC_9454.JPG
何がすごいって、360度のパノラマ映像なのです
首を左右に向けると、それぞれの方向の景色が楽しめました
すごい技術ですよね

ツアーでは、スマートグラスを使わずに歩く部分も、アテンダントさんが様々なお話を聞かせてくれます。
DSC_9461.JPG

「この橋は、わざと壊れやすい素材で作られているんです。実は…」
「桜の木の寿命は普通は60年くらいですが、弘前公園は…」
と、楽しいお話が続きます
片時も聞き逃せません

あっという間に下乗橋までやってきました
下乗橋からは、修理工事の真っ最中の石垣が望めます。
DSC_9463.JPG
工事を進める中で、たくさんの遺物が出土しているそうですよ

今回体験させて頂いたのは短縮版だったので、天守に到着したところでガイド終了となりました
DSC_9466.JPG

実際のツアーは約70分あり、天守内を見学した後、北の郭の武徳殿まで案内して頂けるそうです
続きがとっても気になるーーー
ツアー代金には、有料区域(本丸、北の郭)の入場料も含まれていますよ

弘前城の歴史に触れ、今の季節には見られない景色にも出会える、充実のツアー
英語、中国語、韓国語、タイ語、フランス語にも対応できるので、外国人の方にもおすすめです


弘前公園スマートグラスガイドツアー
■コース  藤田記念庭園→追手門→南内門→下乗橋
      →弘前城天守→本丸展望所→武徳殿
■催行時間 ①10:30~ ②14:00~
      所要時間 約70分
      ※催行時間や所要時間等、上記以外での
       希望があれば要問合せ
■体験料  お一人様1,000円(税込)
■対象年齢 中学生以上
      ※小学生以下は保護者の同意があれば体験可
■対応言語 日本語、英語、フランス語、
      中国語(北京語)、韓国語、タイ語
■受付・問合せ 一般財団法人弘前市みどりの協会
        藤田記念庭園事務所
        TEL: 0172-37-5525
■ホームページ http://www.hirosakipark.or.jp/hujita/stguide.html


本日のブログは青森駅前の青森市観光交流情報センターからお届けしました

パムパムの「紅茶のアップルパイ」はいかが?

ようやく平年並みの気温に戻った青森市。
朝晩は半袖だと肌寒い気温になりました。

美味しいアップルパイを販売しているアスパム1F「パムパム」で、昨日から「紅茶のアップルパイ」を数量限定特別販売しています。
紅茶(アール・グレイ)の茶葉を練りこんだパイ生地に、青森県産ふじ林檎とカスタードクリームが入っているアップルパイ。

DSC_0752.JPG昨日、早速買ってみました。
紅茶の香がして、紅茶好きにはたまらないお味でした

DSC_0748.JPG何といっても限定品ですから、無くなり次第終了となります

DSC_0749.JPG紅茶のアップルパイは1個350円(税込)
アスパムの形と同じ三角形です。
春に限定販売していた「紅茶のアップルパイ」が好評につき再発売となったのですよ~。

秋のティータイムに店内で焼き上げたアップルパイはいかがでしょうか


Sweets Factory pampam

●場所
アスパム1F

●営業時間
[4~10月] 9:00~19:00
[11~3月] 9:00~18:00

●ホームページ
http://aspm.aomori-kanko.or.jp/shop07.html

●お問合せ先
℡ 017-776-6277


本日のブログは青森駅前の青森市観光交流情報センターよりお届けしました

bg_body.jpg





 

青森市西中学校職場体験

こんにちは
新青森駅2階 あおもり観光情報センターです

さて、あおもり観光情報センターでは9月4日と5日の2日間にわたり、
青森市西中学校の生徒さん4名の職場体験が行われました

まず、センター長が案内所内を案内し、、、
IMG_1398 - コピー.JPG

皆さん、熱心にセンター長のお話に耳を傾けています
IMG_1399 コピー.JPG

そして、生徒さんに青森市内のガイドマップもお客様に配って頂きました
IMG_1403 コピー.JPG

IMG_1407 - コピー.JPG

IMG_1408 コピー.JPG

IMG_1411 コピー.JPG

最後に、2日間の感想とそれぞれが思うお勧めしたい青森市の観光地、お土産などをまとめてもらい、発表をしてもらいました
熱意が伝わる大変素晴らしい発表でした
IMG_1402 コピー.JPG

皆さん、本当に素直で一生懸命頑張っていました
これからの活躍が楽しみです 
お疲れ様でした

ではでは、今日はこの辺で

津軽の旬を満喫

今、津軽の桃の主力品種「川中島白桃」が最盛期を迎えている平川ですが、巷で話題の「桃ソフトクリーム」を食べに産直センターひらかに行きました

DSC04558.JPG残念なことに、私たちが到着して間もなく「桃ソフトクリーム」は売り切れ
りんごソフトクリームと桃ソフトクリームのミックスならあるということで、そちらをオーダー

DSC04559.JPG桃ソフトクリームは桃果汁50%入りの贅沢なソフトクリームですが、シャーベット感があるりんごソフトクリームとのハーモニーがさっぱりしていて、とても美味でありました
250円という良心的なお値段も嬉しいですね。

DSC04590.JPGもちろん桃も購入してきましたよ
りんごの栽培技術を活かして作り上げた「津軽の桃」は、日持ちするとても糖度が高い桃です。

DSC04560.JPG産直センターひらかは、南田温泉ホテルアップルランドの手前にあり、青森駅から車で1時間くらいです。

桃ソフトクリームは季節に関係なく食べられるということなので、ぜひリベンジしたいと思います


産直センターひらか(アグリアス)
●連絡先
℡0172-43-1831
●ホームページ http://www.ja-tsugaru-mirai.or.jp/
●営業時間
4月~12月 9:00~18:00
1月~3月  9:00~17:00


DSC04572.JPG
そして岩木山麓に嶽キミを食べに車を走らせました。
昼夜の寒暖差が激しい環境で育った嶽キミは、濃厚な甘さとジューシーさが魅力のトウモロコシ
恵味(めぐみ)という品種を頂きました。
茹た嶽キミが1本250円也。

DSC04574.JPG嶽きみばかりではなく、とれたて野菜もたくさん販売しています。

DSC04585.JPGトマピーというトマ トの様な形をした新種のパプリカを買ってきました
サラダにすると甘いのだそうです。

お邪魔した「柳田とうもろこし店」の営業時間は8:30~17:30。
青森駅から車で約1時間30分。
産直センターひらかから車で約50分。

DSC04578.JPG帰り道、津軽の秋景色、津軽富士「岩木山」と、たわわに実った赤いりんごをカメラに収めました

DSC04588.JPG現在、「きおう」と「つがる」が旬を迎えています。

津軽地方の旬を楽しむドライブをしてみてはいかがでしょうか。


本日のブログは青森駅前の青森市観光交流情報センターよりお届けしました

bg_body.jpg



あおもりスタンプラリー実施中!

こんにちは。
新青森駅2階、あおもり観光情報センターです

9月に入り、朝晩涼しくなってきましたが、
日中は秋晴れが続いております
ただ、秋は天気も変わりやすいので、体調管理には
十分お気をつけくださいませ。

さて、只今、あおもりスタンプラリー実施中です
対象の観光施設をめぐり、専用の台紙に5箇所以上の
スタンプを集めて記念品と交換できる
楽しいイベントです
開催期間:2019.7.1~10.20(日)まで
IMG_1384.JPG

★スタンプ設置場所★
ねぶたの家ワ・ラッセ
青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸
青森県立郷土館
棟方志功記念館
三内丸山遺跡センター
青森県立美術館
あおもり北のまほろば歴史館
八甲田山雪中行軍遭難資料館(幸畑墓苑)
青龍寺(昭和大仏)
青森県営浅虫水族館
道の駅「なみおか」アップルヒル
青森市浪岡交流センター「あぴねす」
青森市中世の館

※休館日、開館時間等ご確認の上
 お出掛け下さいね

★記念品交換場所★
・あおもり観光情報センター
 (新青森駅2階 ☎017-752-6311)
・青森市観光交流情報センター
 (青森駅前 ☎017-723-4670)

  開館時間/8:30~19:00

★記念品は、「ねぶた学習帳」です
※数に限りがありますので、なくなり次第終了です。
IMG_1387.JPG
※スタンプ台紙は、お一人様1枚までです。
 引換え場所にお一人様で複数枚の台紙を
 お持ちになっても、記念品の引換えは1つと
 させていただきます

【お問い合わせ先】
青森市観光振興会議
(事務局:青森市経済部交流推進課)
     ☎017-734-2328

天気が良い日は案内所からも
八甲田山がきれい見えます
IMG_1395.JPG

皆さま、お出掛けしてみては
いかがでしょうか