錦秋の奥入瀬渓流

八甲田の紅葉も終わりに近づいていますが、奥入瀬渓流や十和田湖が見頃を迎えています
10月24日に奥入瀬方面へドライブに行ってきました

青森市内はあいにくの雨模様でしたが、奥入瀬方面は嘘のように晴れ渡っていました

DSC08685.JPG
DSC08680.JPG石ヶ戸付近の奥入瀬渓流

DSC08698.JPG銚子大滝。
美しく彩られた紅葉の背景に滝、絵葉書のような美しさです

幅20メートル、高さ7メートルの見事な水量を誇る銚子大滝は、奥入瀬渓流の本流にかかる唯一の滝です。

DSC08704.JPG子ノ口の紅葉は、今がピークかもしれません

DSC08657.JPGちなみに、八甲田の酸ヶ湯温泉は、残念ながら落葉しています。

奥入瀬からの帰り道(日没前)、八甲田の傘松峠では雪が降っていました。
これからの山越えは、スタッドレスタイヤ装着をお勧めします



本日のブログは青森市観光交流情報センターよりお届けしました

bg_body.jpg





大間町へ行ってきました

こんにちは
新青森駅2階のあおもり観光情報センターです


先日、下北半島の先端
大間町へ研修に行ってきました

P1090502.JPG


大間町役場でレンタサイクルを借り街中を散策
レンタサイクルは無料で借りることができます

P1090540.JPG

レンタサイクル
貸出場所 大間町役場 生活整備課
受付時間 9:00~17:00(土日祝可)
電話番号 0175-37-2111
※無料、予約可、4月中旬~10月下旬頃まで
(降雪の路面状態による)

スポーツタイプのクロスバイクで目指すは大間崎です

途中、朝の連続テレビ小説『私の青空』ロケ地になった
旧冷蔵庫(キュウレイ)や

P1090571.JPG

マグロが水揚げされる大間漁協荷揚げ場を通過

P1090498.JPG

大間崎までの道は、急な坂道もなく
海を辿って行くように道路を進んでいきます

P1090494.JPG

途中に標識もあるので安心

P1090499.JPG

心地いい潮風を受けながらのサイクリング

P1090507.JPG

大間崎へ到着です
大間町役場から約3.5㎞、約20分で到着しました

P1090511.JPG

天気が良く、函館も見えました
北海道がとても近くに感じます

大間へお越しの際は
本州最北端の地を自転車で散策してみるのもお勧めです

◎アクセス
青森市より車で約3時間30分

下北駅より下北交通むつ・佐井線で約1時間40分
・大間崎へは大間崎バス停下車
・大間町役場へはマエダストア前下車

新型コロナウイルス感染拡大防止による最新情報を
ご確認の上お出かけください

大間観光協会 ☎0175-37-2233
大間町役場 ☎0175-37-2111

城ヶ倉大橋の紅葉 2020

朝晩寒くなってきましたね。
八甲田の紅葉も進み、城ヶ倉大橋の紅葉が見頃を迎えています

DSC08640.JPG
一昨日(10/20)の城ヶ倉大橋です。
夕方にも関わらず、城ヶ倉大橋周辺は観光客で賑わっていました

城ヶ倉大橋は上路式アーチ橋の中で、アーチ支間長が255mと日本一の長さで、360度の紅葉を楽しめます

DSC08648.JPG橋の地上最高点に立って渓谷を見下ろすと…

DSC08649.JPG渓谷ならではの迫力がある紅葉を楽しめます

DSC08652.JPG
城ヶ倉渓谷の風に吹かれると爽快な気分になりますよ~

JRバスみずうみ号に乗車し城ヶ倉温泉で下車すると、城ヶ倉大橋まで、約1.7kmで徒歩約30分ですのでお車のご利用をお勧めします。

青森駅から城ヶ倉大橋までお車で約50分です



本日のブログは青森駅前にある青森市観光交流情報センターからお届けしました

bg_body.jpg



新青森駅開業10周年へ向けての展示


こんにちは
新青森駅2階のあおもり観光情報センターです。

12月4日の東北新幹線新青森駅開業10周年を盛り上げていく展示を行っていま~す
 
プラレール展示。2階新幹線改札前待合室内。
この日は、はやぶさ、こまち、アルファエックス(ALFA-X)という新車両が走っていました。
毎日違う種類の列車が走るのでお楽しみに!
DSCN1555.JPGDSCN1557.JPG

小浜保育園3・4・5歳の園児による壁画。
2階新幹線改札前待合室内。
りんごの葉が園児の手形なんですよ
かわいいですよね
DSCN1560.JPG

青森県立青森西高等学校『青西おもてなし隊』
特製の鉄道クイズです。
2階新幹線改札前待合室内。
私は全問正解でした 拍手~
DSCN1562.JPG

『東北新幹線新青森駅開業 10年のあゆみ』
パネル展示。新青森駅2階改札内待合室前。 
開業当時の懐かしい写真も展示していました。
DSCN1567.JPGDSCN1570.JPG

【展示期間】
・プラレール展示 
・小浜保育園3・4・5歳の園児による壁画
・青森県立青森西高等学校『青西おもてなし隊』特製の
 鉄道クイズ 
場所 2階新幹線改札前待合室内
期間 2020年10月10日~2020年11月1日


・『東北新幹線新青森駅開業 10年のあゆみ』パネル展示
場所 2階新幹線改札内待合室前
期間 2020年10月10日~2021年3月上旬


新青森駅においでの際はぜひご覧ください


地獄沼の紅葉 2020

早いもので、八甲田の中腹は紅葉の見頃を迎えました

10月13日に撮影してきた八甲田の写真をご覧ください

sukayuonsen.JPG
酸ヶ湯温泉。
今週末が紅葉のピークかもしれません

地獄沼.JPG酸ヶ湯温泉近くにある地獄沼もキレイでしたよ~
地獄沼は酸ヶ湯温泉から歩いて約10分の場所にあり、爆裂火口跡に、近くから湧き出る温泉水がたまった沼で、紅葉の名所でもあります。

酸ヶ湯駐車場.JPG
酸ヶ湯.JPG
酸ヶ湯公共駐車場から望むカラフルな紅葉。


城ヶ倉大橋.JPG帰りに立ち寄った城ヶ倉大橋は、まだ色づきはじめでしたが、雄大な景色をカメラに収める観光客で賑わっていました

今週末は八甲田へ紅葉狩りへいかがですか


本日のブログは青森市観光交流情報センターよりお届けしました





bg_body.jpg

紅葉の見頃を迎えた睡蓮沼

一昨日(10/9)、秋色に染まりつつある八甲田へ紅葉を見にドライブに行ってきました


DSC08376.JPG
萱野高原から望む八甲田。
八甲田の山々が茶色く色づいているのがわかります

DSC08429.JPG八甲田連峰の麓に広がる萱野高原の紅葉は、まだ色づきはじめですが、落ち葉の絨毯が秋の雰囲気を醸し出していました。

DSC08393.JPG紅葉の見頃を迎えている睡蓮沼。

DSC08388.JPG睡蓮沼はゴールドラインの最高地点、標高1040mの傘松峠のすぐそばにあります。


DSC08410.JPG睡蓮沼近くの草紅葉。

DSC08412.JPG傘松峠付近の紅葉。

DSC08415.JPG傘松峠方面から下った先の地獄沼手前は、思いのほかカラフルに色づいていて、まるで絵の具を塗ったかのような景色が広がります


DSC08418.JPG
酸ヶ湯温泉周辺にある地獄沼


DSC08424.JPG登山客で賑わっている酸ヶ湯温泉。
燃えるような紅葉まではあともう少しですが、今でも紅葉を十分楽しめます


青森の紅葉の中でも随一の名所、八甲田山の紅葉を見に行きませんか?



本日のブログは青森駅前の青森市観光交流情報センターよりお届けしました


bg_body.jpg



2020 八甲田紅葉バス運行開始

八甲田も紅葉シーズンに入り、10月5日現在の紅葉状況は、山頂が見頃、中腹が40%、山麓が30%の色付きです。

今年も10月12日から10月21日までの平日に「八甲田紅葉バス」が運行されます

青森市内から紅葉の城ヶ倉大橋、地獄沼、睡蓮沼を巡り八甲田山雪中行軍遭難史実関連地へ行くバスで、通常バスが運行されていない雪中行軍遭難記念像、田代高原へ行けるチャンスですよ

事前予約が必要となり、当日のお申し込みは受けつけできませんのでご注意下さいね

DSC05081.JPG写真は昨年の城ヶ倉大橋です。




八甲田紅葉バス



20201005_175655_0001.jpg


●運行日
10月12日、13日、14日、15日、16日、19日、20日、21日

●運行コース
ねぶたの家ワ・ラッセ 8:00出発⇒雪中行軍遭難記念像⇒田代高原⇒睡蓮沼⇒地獄沼⇒酸ヶ湯温泉⇒城ヶ倉大橋⇒萱野高原(昼休憩)⇒八甲田山雪中行軍遭難資料館⇒ねぶたの家ワ・ラッセ15:00頃到着予定
※詳しくはこちらをご覧下さい。

●参加料(保険料・資料館観覧料込)
中学生以上 2,500円、小学生以下1,000円
※事前予約が必要。
※各日定員有。
※料金は、当日乗車の際にお支払い。
※昼食代金は料金に含まれていませんので、各自でお願いします。


●運行時刻
ワ・ラッセ 8:00発⇒15:00頃着

●注意事項
※ソーシャルディスタンス確保のため、バス席は指定席。
(お申込みいただきました人数をもって、座席及び定員を決定します)
※当日の混雑状況などにより、城ヶ倉大橋、地獄沼、睡蓮沼で降車して散策できない場合あり。
また、気象状況などにより、紅葉の見頃ではない場合がありますので、予めご了承下さい。

●お願い(新型コロナウイルス感染予防対策)
こちらをご覧ください。

●お問合せ、申込先
JTSみちのく(株)
℡:017-752-1705
平日のみ18時まで


本日のブログは青森駅前にある青森市観光交流情報センターよりお届けしました